マイプロテインのプロテインを袋から容器に移しやすい方法

IMG_6031

マイプロテインのプロテインを購入したが、袋から容器に移すのが大変!と思っている人は少なくないはず。

そんな方に「簡単に容器に移し替える方法」をご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル大

プロテインは容器に移し替えた方が良い

マイプロテインのプロテインについては以下の記事を参考にしてください。

【初心者必読!】マイプロテインで実際に買ってみて解った事実と誤解
色んな噂や情報が錯綜しているプロテインの販売サイト「マイプロテイン」。 安いって聞くけど、「商品が破損してる」とか色んな噂があるから不...

私はこれまで様々なプロテインを試していますが、マイプロテインが最も安く、味も美味しいと思っています。正直日本のメーカーよりも味は良いかと。

さて、プロテインって袋で購入するケースが殆どですよね。マイプロテインも同じです。

IMG_6024

日本のメーカーも殆ど上記のような袋で販売しています。で、上部を切って中身を取り出して飲む。飲み終わったらチャックを閉めて保管する。

この保管方法でも基本的には問題ないのですが、購入している量が多い場合は1ヶ月以上保管する必要が出てきます。すると、やはり袋の状態だと空気が入ってしまうので、衛生上不安になってきます。

特に日本は湿気が多いし、夏場だとさらに気になります。

という訳で、購入した直後にプラスチック容器に移し替える人も多いのではないでしょうか。

IMG_6018

私は先日からマイプロテインで購入できる数百円の容器を使いはじめました。その辺のネタは以下の記事を参考にしてください。

マイプロテインのプロテイン容器(6000ml)のレビュー
マイプロテインのプロテイン容器(6000ml)を購入したのでレビューします。 2.5Kgのプロテインを入れるために購入したのですが、想...

容器に移し替えると保存性の他に「飲む時に取り出しやすい」というメリットもあります。袋のままだと袋がフニャってなって、粉がこぼれたり・・・逆にもったいない。

てなわけで、私は容器に移し替える派です(上記の容器を使用する前は、別のプロテインの容器を使いまわしていました)。

容器に移し替えるのが難しい!

でも、容器に移し替えるのって、、何気に難しいんです。

というのもプロテインの袋ってデカくてフニャフニャしていて、さらに「袋の口が大きい」。一般的なプロテインの容器よりも大きいので、そのまま移し替えようとするとプロテインがこぼれてしまう。

私は風呂場で移し替えるのですが、袋の口が大きすぎて、気をつけても少しこぼれてしまう・・・

この悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。

一番簡単な方法を伝授します

私も数年間この悩みを抱えていたのですが、ある方法を試してから、プロテインを容器に簡単に入れることができました。

その方法とは・・・

袋の上部を切らずに、底部に切れ込みを入れることです。

具体的に紹介します。

通常は上部のチャックの部分を切ると思いますが、以下の写真の底部の端をハサミで切るんです。

IMG_6025

こんな感じでザックリと。底部は切り取り線はないので、当然ながらハサミが必要です。

IMG_6026

すると・・・

IMG_6027

こんな感じで容器にピッタリの大きさで穴を作ることができます。

そもそも容器に移すということは、別に上部のチャック部分は不要なんです。容器に移してしまったら袋は捨ててしまうだけなので。なので好きな大きさに袋を切ってしまっても全く問題がない。

IMG_6028

あとはこんな感じで容器にプロテインを移すだけ。容器の口の方が切り口よりも大きいので、プロテインがこぼれません。

IMG_6030

入れ終わった後のプロテインの袋は捨ててしまいます。

いかがでしたか?この方法で簡単にプロテインを容器に移すことができるので是非試してみてください。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">