マイプロテインの「プロミルク」のレビュー!

IMG_4753

マイプロテインブランドのプロテインドリンク「プロミルク」をレビューします。

味も美味しいし、手軽で非常に便利なプロテインドリンクでした。

スポンサーリンク
レクタングル大

マイプロテインの「プロミルク」とは?

簡単に言うと「いつでも手軽に飲めるプロテイン飲料」です。

筋トレやダイエットの時に、タンパク質補給目的でプロテインを利用している人は多いかと。

そんな方々は基本的に粉末状のプロテインを利用しているはずです。筋トレをスポーツクラブとかで終わらせた後に、家で粉末のプロテインを水とか牛乳とかに溶かして飲んでいますよね。

「プロミルク」はペットボトルタイプのプロテイン飲料で、はじめからスグに飲める状態になっています。なので、プロミルクを持っていったら、粉とかシェイカーとか牛乳とかが一切いりません。

会社に持っていくもよし、スポーツクラブに持っていって、筋トレの直後に飲むこともできる。

非常に便利です。

>>マイプロテインのプロミルク

ただ、マイプロテインのサイトの情報だけだと「味」はわかりません。特に海外サイトの商品なので、日本人でも美味しく感じるか?については実際に購入してみないとわかりません。

という訳で、実際に購入して試してみることにしました。

なお、マイプロテインについては何度か実際に購入して検証しているので、その辺の情報は以下の記事を参考にしてください。

【初心者必読!】マイプロテインで実際に買ってみて解った事実と誤解
色んな噂や情報が錯綜しているプロテインの販売サイト「マイプロテイン」。 安いって聞くけど、「商品が破損してる」とか色んな噂があるから不...

外観の紹介

こんな感じのボトルです。

IMG_4754

500mlのボトルなので、普通の自販機とかで売っているペットボトルと同じですね。つまり、普通にプロテインを飲むときよりも沢山入っています。

IMG_4759

手に取った状態がこちら。意外とずっしりきます。

IMG_4756

後ろには成分表の記載が。こちらは100ml当たりの成分表なので、ボトル全体(500ml)としては

  • タンパク質:50g
  • 炭水化物:5g

つまり、このボトル全てを飲んだら50gのタンパク質を得ることができます。

多すぎと言っていいくらいの量です。普通の粉末のプロテインだったら24gくらいですから。あの有名なMRPのマイオプレックスでも40gくらいだったはず。

にも関わらず、炭水化物はわずか5g程度です。少ないです。

IMG_4755

ちなみに私が今回購入したのは「チョコレート味」です。表面にプリントされています。

IMG_4758

賞味期限は来年の2月まで。必要十分ですね。

IMG_4757

内容物・アレルギー物質なども丁寧に記載されています。できるだけ涼しく乾いた場所に保管するべきとのこと。まぁ、購入した後は冷蔵庫に入れておくと問題ないかと。

実際に飲んでみた!気になる味は・・・

さて、では実際に飲んでみた結果を紹介しますね。

IMG_4760

このキャップをひねって開けます。

IMG_4772

開けた直後はアルミのシーリングがされています。海外のサプリやドリンクは、こんな感じで厳重にシーリングされているから安心感が日本よりも高いです。

IMG_4773

シーリングを開けてみました。中のチョコレートドリンクみたいなプロテインが見えます。このシーリングは完全に剥がします。プラスチックのフタは何度でも閉めることができるので、朝開けて夕方くらいまでゆっくり飲むことも出来る。会社に冷蔵庫がある人は、持っていって飲むのに便利ですね。

IMG_4774

コップに入れてみました。色としては「濃いミロ」って感じです。

実際に飲んでみました。

美味しい!変な薬品の味は一切せず、本当に「濃いミロ」の味って感じです。海外に住んでいた人には「少し濃いチョコレートミルク」と言えば通じるかもしれません。

プロテインって感じではなく、普通に美味しいドリンクです。後味もよく、これなら朝から飲んでも気分転換になりそう。

500mlなので、量はかなりあります。なので、一日を通して小分けに飲む想定だと思います。

まとめ。想像よりも全然美味しい!

正直、想像よりも美味しくて驚きました。

この味を、冷蔵庫に入れるだけで楽しめるのは、非常に便利です。上にも書きましたが、プロテインを摂るのにシェイカーとか牛乳とかを追加で準備する必要が無いので、とても手軽です。

>>マイプロテインのプロミルク

私みたいな面倒くさがりな人には、とてもオススメなドリンクです。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">