MacBook12インチのスリーブケースレビュー!

IMG_4935

夏に購入したMacBook12インチ用にスリーブケースを購入したのでレビューします。

家で使う分には必要十分の性能があると思いました。

スポンサーリンク
レクタングル大

購入の動機

理由はシンプルです。家でMacBook12を保護するケースを探していたんです。

私はMacBook12インチを基本的に家でしか使用しません。1ヶ月に数回は出張とかで持ち運ぶことがありますが、メインは自宅でのブログ作成とかネットサーフィンに使用しています。

なので、誤って落とす確立も低い方だと思います。

でも、家には息子がいます。7歳の活発なヤツです。いつも走り回っています。

MacBookは使っていない時は片付けていますが、つい床に置いている時もあります。そんな時、子供がおもちゃをぶつけてしまったら・・・まぁ仕方ないのですが、ショックは受けるでしょう(笑)

なので、自宅でも使っていない時は以下のケースに入れていました。

Amazonベーシックラップトップスリーブ13.3インチレビュー
Amazonベーシックラップトップスリーブ(13.3インチ用)を購入したのでレビューします。 以前紹介した「サンワサプライ Mac B...

これ、もともとはMacBookAirの為に購入したものです。

で、これでも基本的には問題はないのですが、一つ改善したい点がありました。

これに収納したままだと充電ができないんです。

というのも、このケースに入れると、充電用のUSB-Cインターフェースが防がれてしまうので、無理して差さないと充電できない。これだとケーブルにも負担がかかって断線しそうで怖かったんですよね。

てなわけで、自宅で簡易的に保護できるケースを探していたところ、以下を発見。

>>12インチMacBook用スリーブ(楽天)

これだと簡単に取り出せるし、USB-Cインターフェースが付いている側面も空けたままにできる。しかも、もう一つポケットがあって、外に持ち出す時にACアダプタも入れることが出来る。

ちょっと外出に持っていく・・・って事もできるわけです(まぁそんなケースは殆ど無いんですけどね)

値段も安かったので、試してみることにしました。

外観の紹介

普通のメール便で到着しました。

IMG_4930

ビニールに包まれただけの簡易包装です。壊れるものでもないので、全く問題ありません。

IMG_4931

空けてみました。真っ黒です。黒のほうが汚れが目立ちにくい。

IMG_4932

ウエットスーツみたいな素材です。多分以前紹介した以下と同じ素材だと思います。

iPadProはMacBookAirのケースにピッタリ入る!
iPadProの専用ケースはまだそれ程バリエーションが豊かじゃないです。でも、買わないと液晶が傷付くかもしれない・・・ って、考えてい...

IMG_4933

中はこんな感じで真っ赤です。この製品、赤以外に「緑」と「青」もあります。赤のほうがオシャレーっぽくて選んで正解だったかと。

IMG_4934

MacBookを保管するポケット以外にも、上記のポケットがあります。ここにACアダプタとか備品を入れることが可能。便利ですね。

IMG_4936

上で紹介したMacBookAir用に購入したスリーブケースと大きさを比較してみました。一回り小さいことがわかります。

実際に入れてみた!

さて、いよいよMacBook12インチを入れてみましょう!

IMG_4937

大きさを比較してみました(少し白飛びしてすいません・・・)

見た目からしてピッタリですね!

IMG_4939

一番奥まで入れてみたのが、上の画像です。本当にぴったりです。入れるのに若干(本当に若干)窮屈さがあるくらい。慣れたら片手で入れれるレベルの窮屈さなので、非常に使いやすそう。

また、上の写真の通り、奥まで入れたら5mmくらい余裕があるので、でっぱりは一切ありません。

IMG_4941

当然ですが、逆さまにしたら落ちます(笑)なので間違っても持ち歩いている時に逆さまにしたら大変危険ですね。

IMG_4940

MacBook本体を入れても、2つめのポケットの隙間にはそれなりに余裕があります。店舗の紹介画像のように、ACアダプタも入れられそう。

IMG_4942

ちなみに、大きさ的にiPad Proがギリギリ入るかな?と思ったのですが

ダメでした。

上の写真の通り、少しはみだすので、絶対に入りません。

まとめ。安いのに普通に便利そう

今回購入したスリーブはこれ

>>12インチMacBook用スリーブ(楽天)

値段も安いので、ガンガン使い倒せそうです。子供が汚したりしても買い直せる値段ですね。

MacBookを使っている間は活躍してくれそう。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">