MacBook2017にFusion8.5を入れてみた・・・

VMW_Boxshot_Fusion8-5_213x225

先日購入したMacBook 2017(特盛)にVMware Fusion8.5を入れてみました。

スポンサーリンク
レクタングル大

MacBook2017、非常に良いです!

MacBook 2017、今のところ非常に快適です!

購入前の一番の不安要素だった「キーボード」も想像以上に打ちやすい。打ち間違いもMacBookAirと同じくらいになってきました。少しキーを押したときの「パチパチ」って音が気になりますが、多分周りには聞こえないレベルだと思います。

パフォーマンスについては、ぶっちゃけ体感できるレベルの向上は感じられてません。まぁ、僕の場合はブログの更新やネットを見る事がメインなので。

重い処理はデスクトップにリモートでアクセスして処理してしまうので、CPUの差異はそれ程影響しないのです。CCIEの勉強中にはGNS3でガンガンCPUを使っていましたが、今はほとんど立ち上げませんし(というか、新しいMacBookにGNS3をまだ入れてない。そんなレベルです)

若干気になるのがバッテリーの持ちですね。負荷が高い作業はほとんどやらないのですが、それでも3年使ったMacBookAirよりもバッテリー持ちが悪い気がします。これって、i7を選択したからでしょうか?i7以外のMacBookも購入してバッテリーの持ちテストをやってみたい・・・

SierraってFusion5が入らない・・・

話を戻します。Fusionの話です。

先週まで使用していたMacBookAirにはVMwareのFusion5を入れていました。Windows環境をMacで使用するためです。

そのWindows環境(WindowsXP!)は何のために使ってたかと言いますと・・・単純に自宅のデスクトップにリモートでアクセスするためです。それだけの為です。

Macの画面共有を使えばいいじゃないか!というご指摘もありそうですが、Macの画面共有ってMac-Win間でクリップボードの共有ってできないですよね?出来ないとおもってるのですが、やりかた知ってる人は教えてもらえると嬉しいです。

てな訳で、Fusion5を入れてました。で、MacBook2017にもFusion5を入れようと思っていたんです。(Fusionは個人利用に限り、1ライセンスで複数の端末にインストールが可能)

いざMacBookにFusion5をインストール!!

・・・SierraにはFusion5はインストールできない・・だと?

はい、ダメでした。まぁ3年以上前のソフトだから仕方ないですね。インストールしようとしても事前のチェックでエラーとなりました。

最新のFusion8.5を試してみた

今持ってるFusion5がダメとなると、Parallesを入れるかFusion8.5か、となります。

色々調べてみると、Fusion8.5には「アップグレードライセンス」ってものが存在するらしく、単体で購入するよりも若干安い。

Fusion8.5へのアップグレードオプション

これなら通常価格の9,925円よりも3,000円ほど安い、6,253円で購入可能です。

・・・でも、やっぱり5,000円以上かかるのね。これ、想定していない出費だったので、より高く感じてしまいます。

もし新MacBookにインストールして不具合がでたらどうしよう・・・・

と少し悩んだのですが、よくよく見ると「30日間お試し」が出来るんですね。

これはありがたい、という訳でダウンロードしてインストールしてみました。

いざ、インストール

1

ダウンロードしたファイルをダブルクリックしたら、上記の画面が表示されたので、当然ダブルクリック。

2

すると、ライセンスキーを入力する画面が表示されます。今回は試用をしたいので、30日間試用の方を選択しました。

恐らくですが、正式製品版も試用版もソフトのイメージとしては同じっぽいですね。なので、30日間で問題が出なかったらライセンスだけを購入して、既にインストールしたソフトに登録するだけでよさそう。これは非常にありがたいです。試用版をアンインストールする必要があったら、なんかゴミが残りそうで嫌なんです。

3

後はメアドを入力して、続ける。

4

以上で無事導入が出来ました。

インストール自体は簡単でした。ものの5分です。

VMの移行で少し苦労した

今回Fusionを導入したい理由は、上記で書いたとおり「自宅のデスクトップをリモートで操作したい」からです。で、その為のVMをイチから作るわけではなく、既に入ってるMacBookAirから吸い出して、新MacBookのFusion8.5にインポートしたいと思いました。

VMのイメージファイルとしてはESXiと同じようなもんだろうと高をくくって、以下の流れで移行を試行。

  • 古いMac(MacBookAir)からVMのイメージをコピー
  • 上記の画面からインポートを選択肢、VMイメージを選択

・・・なぜか選択ができない(笑)

で、一旦上記の画面を閉じて、Fusion8.5自体を閉じて、コピーしてきたVMイメージをダブルクリックして起動させたところ、問題なく起動させることが出来ました。謎です・・・

起動されたVMについて

VM自体はWindowsXPなのですが、今のところ大きな問題はなく起動しています。VMからVNCでのデスクトップアクセスも問題ナシです。なので、N/W接続も問題なし。

ただ、一点気がかりな点が。ホストOS(Mac)とゲストOS(WindowsXP)間のクリップボード同期がうまくいかない。具体的に言うと、Macでコピーした文字列が、WindowsXPでペーストできない。この為にMacネイティブの画面共有を諦めてFusionをインストールしてるのに!!

色々調べてみると、WindowsXPにインストールされたVMware Toolsの再インストールが有効なケースがあるみたいですね。

昨日は時間がなくて試してみてませんが、時間があるときに試してみようと思います。これがうまくいったらライセンスを購入しよう。

追記:VMware Toolsを入れ直しても、クリップボードが使えない・・・すっげー面倒臭くなってきました。。。

追記:結局何度かVMware Toolsを入れ直したらクリップボードも使えるようになりました。これでやりたいことを全てできそうです。

・・・誰か、Macの画面共有でWindowsとクリップボード連携できるか知ってる人いませんか?

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">