口内炎との戦い30年。チョコラBB以外の治し方・対策は、全く効果がなかった。

CRI_IMG_6001-thumb-1000xauto-15271

個人ブログは自分の書きたい記事を好きに書けるから本当に楽しいですね。

もし、これが仕事だったら「口内炎の事ばかり書いてないでCCIEの情報だけ書け!」って怒られている事でしょうw

前回の記事「口内炎にはチョコラBB飲め!30年以上も口内炎に悩まされた私の救世主です!」の通り、私の口内炎との戦いはチョコラBBの存在によって終結しました。

しかし、ここまでに至るまでに、口内炎が出来る毎に様々な対策を行い、都度敗れ去っていました。

スポンサーリンク
レクタングル大

小学生時代:口内炎との出会い

何を隠そう、私の視力は今でも裸眼で1.5以上あります。

では、子供の頃から目を酷使していなかったかというと、決してそんな事はなく、他の子供(それ以上に)テレビゲームに夢中になっていました。

でも、他の子供と違うところがありました。それは、目が極端に疲れると「ものもらい」が出来るか、「口内炎」が出来たんです。

目を酷使しすぎると、体が自動的にブレーカーみたいな役割を行うんではないかと思っています。実は今も同じ体質です。

私の初めての口内炎との出会いはゲームをやり過ぎた時でした。痛くて麦茶も飲めなくて・・・1週間くらい苦しんだ覚えがあります。

口内炎の治し方1:塩を塗る(親から教えられた)

全く効果がありませんでした。より赤くなって痛いだけ。

予防としてうがいをマメに行っても、結局はできるときは必ずできる訳で、絶望していた時代でした。当時は口内炎の治し方なんで医学的には誰も分かっていなかったのではと思います。

中学〜高校時代:アメリカでの口内炎対策

私は中学から高校までアメリカの学校に行っていました。英語の勉強で周りに追いつく必要があったため、かなり夜遅くまで勉強する事が多くなり、小学校時代よりもさらに口内炎が出来る頻度が多くなりました。

口内炎は英語で「canker sore」って言います。

口内炎の治し方2:蜂蜜を塗る

ある日、友達に口内炎が出来て辛い事を言った際に、アメリカの口内炎の治し方は「蜂蜜」を口内炎に塗る事であると教えられました。すぐさま家に帰って試してみたのは言うまでもありません。

結果は・・・全然効きませんでした。治りもいつもより遅くなった気がします。むしろ悪化した?

口内炎の治し方3:口内炎を乾かす

全然変わりがありませんでした。逆に乾かしたら悪化するみたいです。

口内炎の治し方4:炭酸を頻繁に飲む

友達から効くよ!って言われて試してみましたが、騙されてただけでした。

大学〜社会人へ。口内炎との戦いはより激しく。

そんな感じでアメリカでも口内炎との戦いは続き、大学を経て社会人になった訳です。

社会人になってからも、口内炎は手を休めてくれませんでした。少しでも油断すると口の中に生まれます。2ヶ月に一回程度でしょうか。場合によっては2つとか一気に生まれてきやがります。

社会人になってからはこちらも黙ってはいられません(今までも黙っていた訳ではないのですが)。

まずは、ネットで「口内炎の治し方」を検索し、対策方法を洗い出しました。

口内炎の治し方5:リステリンを毎日利用する

そもそも、口内炎の原因の一つに細菌が多くなる事が挙げられるそうです。歯磨きは毎日朝晩かかさず行ってきていましたが、それにプラスしてリステリンを利用しました。

これは、予防としてはそれなりの効果があったと感じました。しかし、口の中を噛んでしまって出来たキズから発生する口内炎には無力・・・

口内炎が出来てからリステリンを使用してもただ苦しいだけなので、早々に口内炎目的には使えないと諦めました。

口内炎の治し方6:口内炎パッチを利用する

次に試したのが「口内炎パッチ」です。こんなやつですね。

口内炎の原因である細菌が口内炎に届かない事を期待して利用しました。これは薬っぽいので、かなり期待していました。

結論は、、ダメでした。これはそもそも口内炎に長時間張り付いてくれませんでした。考えてみたら当たり前です。そもそも、何故口内炎が出来るかの理由の一つは、歯で口の中を傷つけてしまうからです。つまり、口内炎の周りは歯に当たりやすいのです。

なので、パッチも直ぐに歯に当たってしまって取れてしまいます。

口内炎の治し方7:ビタミン系のサプリメントを飲む!

最終手段として私が行動を起こしたのが「サプリメント大量飲み作戦」です。ビタミンが口内炎に効く!ってのは色んなサイトで書いてあったので、「せっかくだから量は多い方がいいだろ!」と安直に考えて、海外から以下のビタミンサプリを購入しました。

どうでしょう。私の口内炎に対する本気度がうかがえますよね?社会人になって財力はそれなりにあるので、口内炎を解決する為には湯水のように金を使いました。

結果は・・・惨敗です。毎日予防としてサプリを飲んでいていも、結局睡眠不足と口を傷つけたら口内炎になってしまう事には変わりないのです。

また、いくらサプリを飲んでも口内炎の改善には結びつきませんでした。

もうダメか・・・素直に負けを認めるしかないか・・・悔しかったです。

チョコラBBとの出会い

そんなこんなで、殆ど口内炎に対する対策に諦めていた頃、ネットである記載を見かけました。

チョコラBB?あー、またビタミン取得する事による対策か・・・

当時、私は海外から輸入したビタミン勢が惨敗したので、ビタミンによる対策は殆ど諦めていたのです。成分表を見ても、明らかに海外のマルチビタミンの方が圧倒的に容量が多かったですから。

(Animal PakなんてHorse Pilと言われるくらいでかいんです。飲むだけでも大変です)

でも、「まぁ値段もそれ程高くないし、ダメもとで試してみるか・・・」という軽い気持ちで薬局で買いました。チョコラBB。

早速飲んで就寝。

少し、世界が明るくなった

朝起きる。口内炎の痛みを感じる。やっぱダメだったかー。

・・・ん?いや、いつもと違うぞ!まだ口内炎が出来たばっかりなのに、口内炎が治る時のかさぶたみたいのが口内炎の周りに出来てる!これは今までとは明らかに違う!

凄いぞチョコラBB!

海外の助っ人も敵わなかった口内炎をいとも簡単にやっつけてくれた!

結局その時は2日繰り返しチョコラBBを飲み、殆ど悪化させずに口内炎を倒す事が出来ました。

よく考えてみたら海外のサプリなんかに手を出さずに初めからチョコラBBを試していればよかったですねw

明らかに成分的には海外サプリの方が多かったので。やはり品質の問題なんでしょうか。

てな訳で、口内炎を治すにはチョコラBBがお勧めです

ここまで書いた通り、私は様々な方法で口内炎を治そうと30年近く努力してきましたが、目に見えて効果があったのはチョコラBBだけでした。もちろん体質は人それぞれですが、一度ダメもとで試してみてください。

人生が少し楽になるかもしれません。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">