KKBOX退会時に退会失敗エラーが出た!解決したけどヒドいよ!

LIG_okanebaramakareru_TP_V

先日iPhone6購入(MNP)時に強制加入させられたKKBOXというサービスの退会時にエラーが出たので、その時に行った対処法を紹介します。

結果的に問題なく退会する事が出来ましたが、非常にいやーな体験でした。もうKKBOXに加入する事はないでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル大

KKBOXに加入した経緯

先日iPhone6を購入した事を紹介しました。

iPhone6を無料で取得し、利用料が半額近くになった話
先週の3連休で、プライベートの携帯をiPhone5cからiPhone6に変更しました。 そして、それが結果的に携帯の通信費を半額程度に...

この時に、割引を受ける条件として、以下の3つのサービスに加入する事が条件でした。

  • いつでも書店
  • スマートチェッカー
  • KKBOX

上記を合わせると、月々2,000円程度になるのですが、2ヶ月目で解約してもよいとの話でした。この2ヶ月分のランニングコストを踏まえても、以前よりも使用料金が大幅に下がる事を確認したので、加入する事にしたんです。

つまり、KKBOX自体のサービスは特に興味がなく、単純に携帯を契約する為の条件として加入しました。

KKBOXを解約しようとするとエラーで解約出来ない!

で、ショップの約束通り2ヶ月目になったので、解約する事にしました。

「いつでも書店」・「スマートチェッカー」は何の問題もなく解約出来たのですが・・・

KKBOXが解約出来ない!

具体的には以下のメッセージで解約が出来ません。

退会失敗。退会手続きエラー。しばらくして再度お試しくださいって・・・・

IMG_0171 copy

このままだと、毎月使ってもいないサービスの為に1,000円近く支払いが発生する事になります。。

で、ネットで色々調べてみると、同じ症状で困っている方が私だけじゃあないみたいなんです。人によってはKKBOX側に問い合わせて退会が成功して人もいるようです。

どうやって解決した(退会出来た)か?

では、私はどうやって解決したか?ですが・・・

結局時間が解決しました。

解約処理が失敗したのが昨日の夕方で、一日置いて本日のAMに念のためSafariを再起動して全く同じ処理を行ったら退会出来ました。

もしかしたら、たまたま退会手続き処理が立て込んでいたのかもしれません(月初ですし)。詳細は不明です。

でも、同じ症状で悩んでいる方がたまたま検索でこのブログに辿り着いたのであれば、以下の画面の遷移が参考になるかもです。とりあえず、私は以下の方法で退会出来ました。

まず、KKBOXのメイン画面に移動します(GoogleでKKBOXと検索してトップに表示されたページ)。

IMG_0164 copy

上記の赤枠で囲った箇所をクリックします。

IMG_0165 copy

「マイアカウント」ボタンをクリックします。次に表示される画面で「退会」をクリック。

IMG_0169 copy

次に退会理由をプルダウンから選択します。ここは何でもいいと思うのですが私は「アプリが使いづらいから」と、とりあえず選択しました。「次へ」を押します。

IMG_0170 copy

再度内容の確認が求められます。詳細を記入して欲しいらしいですが、私は何も記入しないで「退会」ボタンを押しました。

ちなみに、こう何度も退会確認をさせられるサービスって本当に信用出来ないですね。これだけで使いたくなくなります。既に退会を考えている人は、何度退会確認をさせられても結局退会するものです。

退会するユーザーも将来再度加入する可能性は残っているのに、退会する時に後味悪かったらそんな将来のユーザーもみすみす見過ごす事になります。最近はこの辺もサービス会社側もわかっているので、この様な退会プロセスを踏むシステムは減ってきているのですが・・・正直このKKBOXはオンラインサービスの考え方が遅れていると言わざるを得ません。

で、仮に退会失敗する場合は、この「退会」ボタンを押した時点で先ほど紹介したページが表示されます。ここで、私は1日ハマった訳です。

で、1日おいて、再度試してみたら・・・以下の画面が表示されました!

IMG_0163 copy

ここまで来たら、もう大丈夫です。上の「スマートフォンまたはPCをご利用中のお客様はこちら」をクリックします。

すると、DOCOMOの支払いページへ遷移します。

IMG_0172 copy

ここまで来ると、通常のDOCOMOのSPモード支払いのページと同様です。dアカウントの情報を入力して「ログイン」をクリック。

IMG_0173 copy

spモードパスワードを入力して、「解除する」をクリック。

IMG_0174 copy

以上で上記の画面が表示されるはずです。これで解約処理は完全に終わりました。

ちなみに、解約が終了したら、先ほどのKKBOXのアカウント情報画面での会員期限が退会した日になっているはずです。

IMG_0176 copy

さらに、以下のメールがKKBOXから届くはずです。

IMG_0177 copy

結論:退会に手間がかかるKKBOXは今後も使わない

このKKBOXというサービス、退会自体も何度も確認を施してくる。しかも、退会処理を正しく行おうとしても、場合によってはエラーが表示されて退会させてくれない。

単純にシステムエラーで退会出来ないのかもしれませんが、ユーザーからすると

「あえてシステムエラーを装って、退会を諦めさせたいのでは?」

と勘ぐってしまいます。はっきりいって、サービスを提供する側がユーザー視点で考えていない一つの例だと思いました。

その点、例えばNetflix(オンライン動画サービス)の場合は、わざわざ無料お試し期間が終わる数日前にメールをくれたりします。解約も一瞬で出来ます。これだと、その時は解約しても、また興味があるコンテンツが出てきたら加入したくなりますよね。

と言う訳で、KKBOXは今後も利用しません。オンラインのミュージックサービスを利用するのであれば、私はAmazonプライムミュージックをお勧めします。何度もこのブログで書いていますが。

アマゾンプライムミュージックがすごい!使用感の徹底レビュー
本日いきなり開始されたAmazonプライムミュージックを早速試してみました! これで、私の生活に音楽という新たな要素が加わると思ったら...

Amazonプライムミュージックは、やはりユーザー満足度第一とうたっているだけあって、随時音楽も追加されていますし、サービスも最高です。今まで不満に思った事も一切ありません。

ちなみに以下の公式Amazonへのリンクからプライム会員登録をし、30日間の無料トライアルをする事が出来ます。つまり、無料でAmazonミュージックとビデオを30日間見放題・聞き放題を体験する事が出来ます。

prime_icon

Amazonはいつまでこのキャンペーンを行うかを明言していないので、音楽・ビデオが好きな方はとりあえず登録する事をお勧めします。もし30日間で登録キャンセルしたら、一切費用はかかりません。

KKBOXを利用するくらいなら、すぐにでもKKBOXを解約してAmazonプライムに加入した方が絶対にお得感&安心感があるはずです。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">