iPhoneで安く早くKindle書籍を購入する技!

ELLY853_honwoyomu15194531-thumb-1000xauto-19465

iPhoneやiPod Touch等のAppleのモバイルデバイスで簡単にKindleの書籍を購入する方法を紹介します。

うまくいったら、早いだけではなく、格安で購入する事も出来ます。

設定のメリットなどをすっとばして設定方法まで飛びたい方は、ここをクリックしてください。

スポンサーリンク
レクタングル大

iPhoneのKindleアプリのダメなとこ、書籍購入が出来ない!

別の記事でも紹介した通り、私はiPod TouchやiPadでKindleの電子書籍を読んでいます。

Kindleデバイスも持っているのですが、結局iPad Miniを持ち歩いているので、それで読んだ方が好都合だからです。

でも、iPhoneアプリでは一つ都合が悪い事があります。

それは、iPhoneのKindleアプリでは電子書籍が購入出来ないことです。

なぜ、Kindleアプリで電子書籍が購入出来ないかについては、本当に謎です。購入出来た方が顧客は便利だし、その手軽さが電子書籍のメリットだと思うのですが・・・

iPhone/iPod Touchで素早くKindle書籍を購入する方法

じゃあ、iPhone自体でKindleの電子書籍が購入出来ないか?というともちろんそんな事はありません。

Safariで普通に買えますよね。

でも、Safariだといちいち「Safariを起動して、、Googleにアクセスして、、Kindleで検索して、、」ってかなり面倒くさいです。

これだと結局パソコンで買った方が早い!って事になります。

今回紹介する方法は、非常にシンプルです。SafariのKindleページをiPhoneのトップページにアイコンで保存する事で、上記の煩わしい作業を短縮するというものです。

「そんなことか」と思うかもしれませんが、この同じページを毎回表示するという作業は本当にムダな繰り返し作業です。一回ではなく、何度も行う作業です。

それが、常に1クリックで実現するという事は、日々の煩わしさから解放されると言うことです。

さらに、Kindle書籍のセールページをアイコン化すると、セール中の電子書籍も一発で確認出来ます。

毎日通勤時に、1クリックでセールが見れて、さらに欲しい書籍が一瞬で購入出来る訳です。実際1分くらいでできるので、私は毎日朝の通勤時にやってます。全然面倒くさくないので継続出来ますし、非常に電子書籍を購入するコストも抑えれてますよ。

設定自体は、以下で画面含めて紹介します。

設定方法(1分でできます)

Kindle日替わりセール画面のリンクを以下に準備したので、クリックして表示します。

・Kindle日替わりセール、リンク作成用

次に、下のマークをクリックします。

IMG_0883 copy

中央に「ホーム画面に追加」ボタンがあるのですが、このままだと見えないので中央を少し右にスワイプ。

IMG_0884 copy

見えましたね。「ホーム画面に追加」をクリック。

IMG_0885 copy

ここで、「追加」を押せば完了ですが、私は分かりやすく「Kindle」と名前を変えました。これがトップページに表示される名前になります。終わったら「追加」をクリック。

IMG_0886 copy

これで、以下のようにトップページにアイコンが作成されました。

IMG_0887 copy

今後は、このアイコンをタップするだけで、Kindleの日替わりセールの画面が瞬時に表示されます。

日替わりセールの画面に欲しい書籍があればとってもお買い得ですし、その画面から簡単に購入した電子書籍を検索する事ができるので、普通にSafariから地道に検索するよりも圧倒的に便利です。

まとめ

簡単な工夫ですが、実際にやってみたら非常に便利だと気づくはずです。

こういう工夫の積み重ねが、日々のムダな時間を省く事に繋がって、本当にやりたい事に集中出来るというものですね。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">