iPhoneSEをおサイフケータイにグレードアップしてみた!

iphonese-e1461745368527

自分の持っているiPhoneSEをおサイフケータイにしてみました!

スポンサーリンク
レクタングル大

iPhone7のおサイフケータイ機能は万能ではない

現時点でおサイフケータイに対応しているiPhoneはiPhone7だけ。

しかも、私が把握している限り、iPhone7でもPASMO定期は利用できなかったはず。

私はいつも通勤時にPASMO定期を利用しています。iPhone7を購入しても、おサイフケータイとして利用できない。

これが、私がiPhone7を購入しなかった理由の一つでもあります。。

でも、ふらっと出かけるときにiPhoneだけ持っていけたら非常に便利だろうな・・・って思っていました。

ケースの中にPASMOを入れてしまう!

そこで、思ったんです。

「iPhoneケースの中にPASMOを入れてしまったらいいだけなんじゃ??」

つまり、ダイソーとかでも売っているiPhoneのケースとiPhoneの間にPASMOを入れてしまえば、擬似おサイフケータイになるな、と。

でも、実は、これって問題があるんです。

ただケースに入れただけでは使えない!

実際に試していただいたらわかるのですが、これだけだと改札で利用することができません。

どうやら、iPhoneと改札の電磁波が干渉しているみたいで、改札の上に乗せても認識しない(反応しない)のです。

電磁波干渉防止シートを買ってみた

ここからが本題です。

世の中には同じことを考える人が沢山いるみたいで、スマホに貼り付ける「電磁波干渉防止シート」なるものが販売されています。

本当にこんなものでおサイフケータイ化できるのか・・・と初めは思っていました。

なので実際に試してみました。

外観

img_1735

これが購入した干渉防止シートです。iPhone/Androidスマートフォン対応と書いていますが、原理的にはどんなスマホでもOKでしょう。

img_1736

後ろに詳細の説明が記載されています。。が、この製品を購入する人にとっては既に知っている内容でしょう(笑)

img_1737

実際に開けてみました。本当に薄いです!普通の紙を2枚重ねたくらいかな。

img_1739

これが裏側です。私が購入したシートは後ろの茶色の紙をはがしたら接着剤がついてるみたいで、スマホにくっつけることができます。

img_1738

私の持ってるパスモとの大きさ比較です。

見ていただいたらわかると思うのですが、シートのほうが若干小さい。このサイズで問題ないのか、少し心配でした。

実際にケースに入れてみた

ダイソーで購入したiPhoneSE対応のケースに入れてみました。

img_0404

まずは、こんな感じで、iPhoneの上に乗せます。やはりPASMOのほうが少し大きい。

img_0405

ガバっと、ケースをはめ込む。パッと見たら問題なくはまってるのですが・・・

img_0406

横から見たらすこーしだけ厚みがあるのが分かりますね。でも、実用的には全く問題ないです。上に書いた通り、接着剤を止めてる紙を剥がしたらもっと薄くなるでしょう。

この状態で実際に使用してみても、PASMOが入っている感覚はありません。

実際に改札で使ってみた!

いよいよ、本当に改札で使えるか、実験です!

img_0408

iPhoneSEをあててみると、、、、

使えました!てか、私はこれまで財布にPASMOを入れてたのですが、財布の時よりも反応がいいです!

これは便利だ!

結論。iPhoneSEをおサイフケータイ化できた!

正直ビジュアルは微妙ですが(笑)

これ、本当に便利です。

少しだけお出かけ、って感じで外に行くときは、iPhoneSEだけで事足ります。

この便利さは実際に使ってもらわないと分からないと思います。

ポケットにスマホを入れるだけで気軽に外出できる開放感!

シート自体は安いものなので、一度試してみてください。今年購入したアイテムで強くお勧めできるモノの一つですよ!

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">