iPadProはMacBookAirのケースにピッタリ入る!

IMG_0951

iPadProの専用ケースはまだそれ程バリエーションが豊かじゃないです。でも、買わないと液晶が傷付くかもしれない・・・

って、考えている方に朗報です!実はMac Book Air(13インチ)のケースにiPad Proがぴったり入ります。

当分はMacBookAirの安いケースを購入して落下のリスクをしのぐのも一つの手だと思って、この記事を書いてみました。

(もちろん、専用のハードケースなど、ものによっては入ってもグラグラして逆効果のものもあるかもしれませんが。)

スポンサーリンク
レクタングル大

iPad Pro専用ケースも少しずつ増えてきた、が・・

iPad Pro発売からようやく5日経ちました。少しずつ専用ケースも増えてきました。

Amazonを見てみると、フィルムも合わせるとかなりのアクセサリがそろってきています。

でも、やっぱりまだまだ少ないですね。一方、破損の機会は待ってくれません。

iPad Proを既に購入した今、何らかの措置をしないと誤って落下させてしまったときを考えるとゾッとするって方もいるのではないでしょうか。

このブログを見ていただければ分かりますが、私は当初はiPad Pro専用にフィルムとケースは購入する予定はありませんでした。代わりにiPad Proのケアプラス延長保証に加入することで、最悪落下して破損してしまった場合、追加料金(5,000円)くらいを支払うことによって交換品に替えてもらうことで対応する予定でした。

ただ、やっぱり画面が想定よりも大きいので、簡単にモノが当たって傷がつきそうで怖い。

特に家には5歳の息子がいます。で、その息子のお絵かき遊びにもiPad Proを使っています(超高いおもちゃだw)。子供には床に置いて遊んでねと言ってるのですが、たまにママに見せに行ったりしててちょっと心配になります。子供なので意識せずに上に座ってしまったりするかもしれませんし。

てなわけで、とりあえず安いケースだけでも買っておこうか再考していました。

で、ふと思ったんです。手元のMac Book Airのケースが使えるんじゃないか?と

実際に試してみました

私が以前Mac Book Air用に購入したケースは以下のものです。

安いのに、Mac Book Airをピッタリ包み込んでくれて、お蔭でこの数年使い倒しているのにパソコンに殆ど傷がありません。

実物はこんな感じです。

IMG_0948

シンプルですけど、しっかり中にジェル?みたいなのが入っていて、それなりの衝撃を受けても吸収してくれます。

試しに、iPad Proを上に載せてみました。

IMG_0949

おお!見た目ピッタリですね!これはいい感じでフィットしそう!

早速入れてみました!

IMG_0950

上記は分かりやすいようにあえて少しだけ出していますが、本当にピッタリです(細かく言うと左右に少しスペースがありますが、超ブカブカではありません)。

なんで、Mac Book Airのケースがぴったりなのか?

これは、iPad ProとMac Book Air(13インチ)のサイズに関係します。

  • iPad Proのサイズ:幅30.5cm 奥行22cm
  • Mac Book Airのサイズ:幅32.5cm 奥行22.7cm

殆ど同じですね!

さらに、Mac Book Airは非常に薄い作りになっています。iPad Proも薄いタブレットなので、ケースもほとんど同じサイズになってるんですね。

もし、iPad Proのケースの品ぞろえが増えるまで購入を待っている方は、とりあえず安いMac Book Airのケースを購入して保護できる状態にしておくのも手だと思います。

ちなみに、上記のケースと殆ど同じ作りのAmazonベーシック ラップトップスリーブ 13.3インチはちょくちょくAmazonのタイムセール対象になっているのを見かけます。多分、こちらの方が安いはずです。

なぜか、パソコン・周辺機器のコーナーに出ている場合が多いので注意してください。

Amazonタイムセール(パソコン・周辺機器)

私は現在上記のタイムセールでAmazonnのスリーブが出てくるのを待っていますw 仮に購入出来たら追加レビューする予定です。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">