何故かINEのCCNAとCCNPワークブックが手に入った件、INEに確認しました

PAK82_yaritenoonnakacyou20140125-thumb-1000xauto-17009

以下の記事の続きです。

INEのCCIEワークブックを購入すると、CCNAとCCNPのワークブックもついてくる!?
CCIEに合格してからはINE.comのページに行くこともめっきり減りました。もう対策する必要がないので当然と言えば当然ですけど。 で...

INEのCCIEワークブックを購入した約半年後に、何故かCCNAとCCNPのワークブックがメンバーページに表示されていた(そして使うことが出来た)件です。

上記の記事を書いた後も、私がINEからのメッセージをを見落としてるだけじゃないか?とか色々考えてメールを掘り起こしてみたりしたんですけど、やはり経緯がわからない・・・

てな訳で、サクッっとINEのトップページにある問い合わせフォームから確認してみた話です。(ちょっとドキドキしながらw)

スポンサーリンク
レクタングル大

すると、サクッと返信が帰ってきた

メールを送った次の日に返信が帰ってきた・・・さすがINE!対応が速い!しかも内容が非常にシンプル!

で、メールの内容を公開します。

Hello TOZAI,

Thank you for contacting INE. It appears the CCNA & CCNP workbooks auto updated to your account in error. You are welcome to keep them in your account if you will find use for the workbooks. If not, I will be happy to remove them.

Regards,

つまり、適当に訳すると

INEに問い合わせしてくれてありがとう!CCNAとCCNPがアカウントに表示されてるのは自動更新によるエラーみたい。もしこのワークブック使いたいならアカウントに残しておいてもいいわよ。もし興味がなかったたら削除してあげる!

返信をくれたのが女性だったので、とりあえず女性口調にしてみました。

CCNA・CCNPのワークブックが増えたのは、INE側のミスでした

なんかのキャンペーンに知らずの内に引っかかったとかではなく、単純にINE側のミスだったという期待外れの結果に終わってしまいました。

メールを送る時は「とりあえず表示されているワークブックが問答無用で削除されたらどうしよう」とケチくさい考えでヒヤヒヤしていましたが、そこはさすが天下のINE!太っ腹でした!

とりあえず「いや、とりあえずワークブックは消さないでおいてください・・・」と返信しておきました。

(まぁ、CCIEを取得した現在、CCNA/CCNPのワークブックの利用価値があるかと言われると疑問ですが、やはり一度貰っていたものを取り上げられるのは悲しいのでw)

ということで、INEでCCIEのワークブックを購入しても、CCNA/CCNPのワークブックはついてきません。「俺は今CCNA勉強中だけど、将来の為に今のうちにCCIEのワークブックを買っておくぜ!」って方(いないと思うけど)は再考した方がいいですね。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. Pooh より:

    はじめまして。
    最近こちらのサイトを知り、興味深く読ませて頂いております。
    電子書籍の購入に関することからネットワークの技術までいろいろ参考になります。
    これからもよろしくお願いいたします。
    さて、本題『何故かINEのCCNAとCCNPワークブックが手に入った件、INEに確認しました』
    こちらの記事に興味があるのですがまだ投稿されていないのでしょうか・・
    よろしくお願いします。

    • CCIE_TOZAI より:

      Poohさん

      コメントありがとうございます。読んでくださっている方がいるのは大変嬉しいです。
      当記事ですが、ブログサーバー(WordPress)のバグで表示されていなかったようです。見出しに「・」が入っていたら正常に出力されていなかったみたいです。
      多分今は見る事が出来るはずです。結論から言うと、INE.com側のミスとの事でした。

      今後ともよろしくお願いいたします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">