世界一美味しいチーズナンが食べられるお店「India Dining」

IMG_4033

個人的に世界一美味しいチーズナンが食べられるお店が妙典駅近辺にあります。

「India Dining」というお店です。

スポンサーリンク
レクタングル大

妙典のカレー屋さん「India Dining」

昨日「妙典駅の目の前にパチンコ屋が出来るらしい」という記事を書きました。

妙典駅の目の前にパチンコ屋が出来るらしい。嫌だなぁ。
今日は久しぶりの地元ネタです。 東西線の妙典駅の目の前にパチンコ屋ができるらしい。正直、残念です。 本当に駅の目の前らしい ...

この記事、1日足らずですが、想定以上の反響がありました。

私は行徳・妙典近辺に住んでから10年以上経ちます。この地域に非常に愛着があります。

なので、このブログでも「行徳・妙典近辺ネタ」を少し増やして行こうかと思いました。

では本題です。

このお店、チーズナン専門店ではありません。メインはカレーです。

カレーもめちゃめちゃ美味しいのですが、このお店のチーズナンは、、、、感動する美味しさです。

個人的には「これまで食べたチーズナン」との比較ではなく、「これまで食べた食事の中で1・2を争うレベルの美味しさ」です。

アジア・ヨーロッパ・アメリカなどなど、様々な大陸に行って、数多くの国の食事を経験してきました。また、日本でも寿司から焼き肉と、国内でも有名なお店は色々行ってきました。それを踏まえても、このお店のチーズナンは、これまで食べたモノの中で一番美味しいかもしれません。大げさではありません。

場所・外観

  • 店名:India Dining
  • 住所:〒272-0111 妙典3丁目15-19

妙典駅から行徳小学校の方に3分ほど歩いたところにあります。というか、行徳小学校の目の前です。

IMG_4023

赤い屋根が目印です。

IMG_4024

いつも入り口で上記のクーポンが置いてますので、お店に入る前に頂いておきましょう。

お店に入ってみた!

店内は約6つの4人用のテーブルと、2人用のテーブル。地元ではかなりの人気店なので、夜は待たないと入れない事もしばしば。

IMG_4026

カレー屋さんなので、色んな種類のカレーを注文する事が出来ます。辛さも3種類から選ぶ事が可能。

IMG_4027

カレーは上記の「プラウンバターマサラカレー」がオススメです。エビが入っていてまろやかなカレーです。

IMG_4025

で、今回一番オススメのチーズナンはこちら。

実際に注文してみた

今回はプラウンバターマサラカレーとチーズナンを注文してみました。セットを注文したので、サラダとドリンクも付いてきます。ドリンクには「マンゴーラッシー」を注文。

IMG_4028

サラダはこんな感じで小皿に盛りつけて出てきます。ドレッシングは辛くなく、オニオンが入ってる?非常に美味しいです。

IMG_4030

サラダを食べている間にカレーが来ました。このカレーの中にエビが沢山入っています。プリプリして非常に美味しい。

ちなみに、上のナンはチーズナンではありません。普通のナンとライスは何度でもおかわり可能です。

IMG_4029

ドリンクが到着。右が私が注文した「マンゴーラッシー」。左は妻が注文した「カシスラッシー」です。カシスラッシーはアルコールが入っていて、普通にカシスとヨーグルトの味がして美味しかったらしい。

これが注目の「チーズナン」だ!

そして、、これが注目のチーズナンです!

IMG_4032

まず、めちゃめちゃアツアツです。そして、中にはふんだんにチーズが詰まっています。

IMG_4033

こんな感じで!チーズとパンの割合が7:3くらい、チーズの方が間違いなく多い。そこら辺のピザよりもチーズが多いです。

で、食べてみると・・・

・・・あぁぁ!幸せ!幸せそのもの!

私は決してチーズが大好物な訳ではないのですが、ここのチーズナンを食べているときは本当に至福のひとときを味わう事が出来ます。チーズって味よりもヨーグルトに近いような・・・

柔らかい、まろやか、あったかい、全てがパーフェクト!

カレーに付いてくる普通のナンは食べ放題なので、中々チーズナンを注文する人は少ないのではと思います。

騙されたと思って是非一度注文してみて下さい。食に対する世界観が変わると思います。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">