鼻毛をワックスで一気に脱毛!安いし簡単すぎて人生変わる!レビュー

IMG_0240

普通はここまで強くおすすめしないのですが、男性だったら絶対この記事を読んでみて損はないと思います!

これまでの鼻毛の悩みが一気に解決しました!新世代鼻毛処理方法の幕開けです!

特に、鼻毛に悩んでるメンズは絶対試してみるべきです!人生変わります!

スポンサーリンク
レクタングル大

鼻毛って、辛いよね

中々タブーなネタだと思うのですが、日常的に悩んでいる人ってかなりいると思います。

というか、男性だったら殆ど全員ではないでしょうか。

私は体毛は基本的に薄いのに、なぜか鼻毛だけ濃いです。

もう少し具体的に説明すると、太くて量が多いんです。しかも、伸びるのもかなり早い。

で、この鼻毛、なにが辛いかと言うと以下の2点に悩まされていました。

周りから鼻毛が見えてないか不安

他の人に鼻毛が見えたら最悪です。

いくらビシッとしていても、鼻毛が見えた時点で問題ありです。

なので、少しでも見えそうになったら後述の処理をしていました。でも、やっぱり心配ですよね。

鼻毛は、痛い

女性は体毛が薄い人も多いと思うので分からないかもしれませんが、男性の鼻毛は太いので、マジで痛いです。

今まで「俺だけかな?」と思っていた人、違います。多分、みんな痛いと感じてます。

鼻の中の肌が左右の鼻毛とぶつかって、チクチクします。

鼻をつまんだりしたら、激痛ものです!鼻毛が薄い人が聞くと大げさに聞こえるかもしれませんが、私は寝る時とかもチクチクしてると気になって寝付きが悪くなってしまうくらいです。

これまでの鼻毛の処理の仕方のデメリット

この、辛い辛い鼻毛ですが、私は今までは2週間に一回の間隔で、何らかの処理をしていました。

処理と言うのは具体的には以下の方法で今まではやっていました。

多分みんな以下のいずれかの処理方法をしているはず。

毛抜きで抜く

誰もが思いつく方法ですね。

鏡を見て、気になる鼻毛を一本ずつ抜く方法です。場所によっては、思い切って数本同時に抜く事も可能っちゃあ可能です。

これ、私一回やって辞めました。

まず、痛い!涙が出る!私は痛みに弱い訳ではない(と自分では思っている)のですが、鼻毛を抜くのは痛すぎます。

また、何故か鼻毛を抜くと、くしゃみが出ます。しかも何回も。

さらに、鼻毛を一本ずつ抜くのは時間がかかり過ぎます。

鼻毛用ハサミを使用する

これが一番オーソドックスな方法ではないでしょうか。以下のようなハサミで切るパターンです。

私もはじめは、この鼻毛用ハサミで鼻毛を切っていました。

でも、この鼻毛を切るのって以外と難しい。なぜなら、鏡を見ながら切る訳で、操作が左右逆になってしまうから。

また、奥は中々鏡で見えない箇所がある。その為、本当にチクチクする鼻毛を切るのに数十分かかることもありました。

一度、鼻の中を切ってしまった事もあり、それから使わなくなりました。

鼻毛専用手動カッターで切る

こんなのです。友人が「めちゃめちゃ切れるよ!」とアピールしてきたので、試しに買ってみました。

・・少なくとも私にとっては全然ダメでした。

確かに、鼻の入り口付近はそれなりに切れます。でも、少しでも中にある鼻毛には全く効果がありませんでした。そもそも、ハサミの構造上、細かい部分まで小回りがきく訳ではないので。

中の鼻毛まで全て切ってしまうのは、鼻毛のフィルターとしての役割も損なってしまうのでよくないと聞くのですが、鼻毛がチクチク痛いのはフィルターの役割を上回るくらい気分が悪い物です。

この製品を使うなら、当初利用していた鼻毛ハサミを利用した方が効率的に切れたので、1回使用しただけでお蔵入りとなりました。

電動鼻毛専用カッターで切る

鼻に突っ込むシェーバーみたいなやつですね。

これは、上記の2つよりは簡単、かつ効率的に切る(剃る?)ことができました。安全だし、痛くないし。

でも、それなりのサイズがあるので、やはり小回りがききません。

結果的にチクチクが残る箇所はハサミで切る必要があります。

当時の最終兵器・・・L字カミソリ

上の4つを数年試行錯誤して、私が(当時)最終的に辿り着いた最終兵器が、これです。

61or33lgeQL._SL1400_

これで、どうやって鼻毛をそるかと言いますと、、これを鼻の穴に突っ込むんです。

で、360度ぐるぐる回します。すると、ジョリジョリ鼻毛が剃れます。

これをやると、確かにツルツルになります。

でも、お分かりだと思いますが、一歩間違えると、大変な事になります。

危険すぎです。

なので、本当にチクチクが多くなった時の最終兵器として使っていました。

(他にも同じ方法で鼻毛剃ってる人、いますかね?)

ここまでの方法で解決出来ない課題について

ここまで、色んな鼻毛の除去方法を紹介してきましたが、これらの方法だとどうしても解決で来ない課題がいくつかあります。

鼻毛が、もっとチクチクするようになる!

上記の方法で鼻毛を切ると、鼻毛が伸びてきた時に、さらにチクチクするようになります。

理由は簡単で、以下のイメージみたいになるからです。

IMG_0073 copy

つまり、剃ったり切ったりすると、鼻毛の先端が笹みたいに尖ってしまうので、それが伸びてきたらめちゃめちゃ痛いんです。

すぐに伸びてくる

いくらL字カミソリでギリギリのところまで鼻毛を剃ったとしても、毛根自体は残っているので、またすぐに生えてきます。

鼻毛用ハサミで切っただけだと、さらに早く伸びてきます。

鼻毛用脱毛ワックスの誕生!!!

そこで、鼻毛用脱毛ワックスの出番です。

鼻毛脱毛ワックスとは、鼻毛に脱毛用のワックス(冷えたら固まるプラスチックみたいなもの)をくっつけて、一気に抜いて脱毛するというものです!

そもそも、私がこの商品を見つけたのは「笑ってはいけない探偵」でやっていたから。

見た瞬間、「買わねば!そして、試さねば!」と思いました。

なぜなら、私が毎回苦労していた上記の課題が一気に解決する可能性を感じたからです。

鼻毛用脱毛ワックスを利用する事で、上記の課題が解決する

鼻毛チクチク現象の解消

鼻毛用脱毛ワックスは、従来の鼻毛処理と違って、鼻毛の毛根まで全部ゴッソリ抜きます。つまり、切り残しがないので、チクチクする笹みたいな形状にはなりません。

まだ利用して少ししか経っていないので詳細は調査中ですが、恐らく伸びてきても切った時よりはチクチクしないはず。

従来の処理方法より伸びるのに時間がかかる

上記の通り、鼻毛の脱毛は毛根まで抜き取ります。なので、L字カミソリで鼻毛を剃るよりも、さらに深いところまで取ってくれる。結果として鼻毛が生えて伸びてくるまで時間がかかります

これは、つまり鼻毛を処理する間隔も長くなる。

一方、不安もあった

上記の課題が解消される事が、とても嬉しい期待だったのですが、一方で不安もありました。

それは「痛み」です。

上記の通り、私は毛抜きで鼻毛を抜いた事があります。その時、めちゃめちゃ痛かった。

しかも、今回は一本の鼻毛じゃなくて、数本、あるいは数十本一気に抜くのです。

でも、ネットで色々調べてみたら殆どの人の感想が「1本抜くより痛くなかった」との事だったので、やっぱり試してみる事にしました。

1回試してみるだけならショック死しないだろうと。

早速調査、鼻毛脱毛には2種類の手段があるらしい

ネットでどうやったら鼻毛脱毛が出来るかを調べてみた結果、2つの方法(手段)がある事が判明しました。

エステサロンに行って店員さんにやってもらう方法

通常の脱毛と同じように、エステサロンに行って鼻毛脱毛をお願いする方法です。

どうやら、都内であればすでに数件やってくれるエステサロンがあるみたいです。

確かに、施術に慣れている店員さんにやってもらうのは、安心感があります。

ネットで鼻毛脱毛キットを購入して自分でやる方法

調べてみると、ネットで様々な鼻毛脱毛キットが販売されてる事を知りました。

通常は脱毛ワックス・脱毛ワックスを加熱する容器・鼻に脱毛ワックスを挿入するスティックが付属するらしい。あとマニュアルも。

これだと、家で自分で手軽にやることができます。

私は、自分で鼻毛を脱毛する事にしました

初めてだし、やっぱりエステサロンに行くべきか、、と、かなりの間悩んだのですが、結論から言うと自分でネットで鼻毛脱毛ワックスのキットを購入して試してみる事にしました。

理由は主に以下の通りです。

エステサロンのデメリット

考えてみたら、エステサロンでやってみるのは以下のようなデメリットがあるのでは?と感じ始めました。これだとハイリスクハイリターンです。

面倒

まず、鼻毛脱毛ごときにエステサロンに行くのは面倒です。

これが永久脱毛をしに行くのであれば、数回行けば一生行かなくても済むのです。

でも、鼻毛脱毛はワックスなので、永久脱毛ではありません。どうしても1ヶ月に一回くらいは処理しなくてはいけません。

その度に、エステサロンに行くのは面倒くさい。毎回予約する事を考えたら、さらに面倒くさい。

コスパが悪い

鼻毛脱毛をするのに数千円かける程、金持ってません。しかも鼻毛は生えてくるので、ランニングコストになってしまいます。

コスト的に、無理です。

もちろん、1回試すだけだったらいいかもしれないのですが、ネットの鼻毛脱毛ワックスのキットは10回くらい出来て1,000円未満のモノがほとんどです。

本当に、エステサロンの方が鼻毛取れるの?

そもそも、エステサロンの方が本当に脱毛できる量が多いのでしょうか?初めはそう思っていましたが、だんだん疑心暗鬼になってきました。

なぜなら、この鼻毛脱毛自体、まだ日本でも始まったばかりのはずです。エステサロンの店員さんがみんな鼻毛脱毛の施術に慣れているとは到底思えません。

恥ずかしい

単純に、鼻毛脱毛だけでエステサロンに行くのはちょっと恥ずかしいです。「俺、鼻毛濃いんですけど」って宣言しにいくような物です。

実際に鼻毛脱毛ワックスを試してみた!

という訳で、私は鼻毛脱毛ワックスを自分で使ってみる事にしました。

ネットで色々調べてみたところ、以下の製品が一番コスパがよさそうでした。

でも、結局以下の脱毛ワックス(ズポーン)をAmazonでポチる事に。

理由は、以下です。

  • どうしても直ぐに使いたかった。一つ目のはプライム会員でも届くのに数日かかりそうだった。一方、2つ目のは当日届く事が確実だった。
  • 2つ目の方が評価数は少なかったが、星の数が多かった。(高評価)

届いた!

上記をアマゾンでポチりました。当日に以下が届きました。

IMG_0238

開けてみると、こんなパッケージです。めちゃめちゃテンション高い4人組が写っています。私もこんなノリで鼻毛が抜ければ、、と期待いっぱいです。

IMG_0240

付属品は以下の通りです。鼻毛脱毛に必要なモノは全部揃っています。
IMG_0241

  • 脱毛ワックス:なんかビーズみたいな形状でビニールの袋に入っている。
  • ワックスを溶かす容器:紙の簡易的なもの。使い捨て。衛生上いいよね。
  • 計量カップ:耐熱になっている。これに上記の容器を乗せてレンジとかで加熱させる。
  • スティック:これにワックスを付けて、鼻に突っ込む
  • 取扱説明書

早速試してみた!

では、いよいよ試してみます。これまで自分がやった事のない領域に踏み込みます!

以下は、完全に手順書通りにやりました。

まずは、ビーズみたいな脱毛ワックスを紙コップに入れます。説明書では「底が見えない程度入れること」と書いてあったので、その通りにしました。これで、左右の2回分の利用が可能になるそうです。

ちなみに、この状態だと普通のプラスチックビーズみたいに固いです。ジャラジャラいいます。でも、軽いです。
IMG_0242

次に、付属の耐熱計量カップに水を入れます。オーブンでやるか、レンジでやるかによって、入れる水の量が違うのですが、私はレンジで加熱させる予定だったので、以下の写真の量を入れました。これも説明書に沿って忠実に。(そもそもこの時点では、何故紙コップではなく計量カップに水を入れるのかが謎だった)
IMG_0243

次に、計量カップの上に紙コップを乗せます。これは、何も考えずに乗せるとぴったり収まるようになっています。その状態で、電子レンジに入れます(きたなくてゴメンナサイ)。加熱時間はレンジのワット数によるのですが、私のレンジは700Wとちょい高めなので、1分程度加熱しました。
IMG_0244

出来上がったワックスが以下です。
IMG_0245

水が入った耐熱計量カップは、恐らく熱湯になった上記でワックスをまんべんなく溶かす事が目的だったみたいです。

写真の通り、ワックスが溶けています。少しビーズのままになっていますが、放っておくと溶けました。

この後は、付属のスティックで少しかき回して、ワックスが完全に溶けているのを確認します。この時点ではかなり熱いので注意が必要です。

少し経つと(10秒程度)、ワックスがドロドロから少し柔らかい程度になってきます。このタイミングでスティックにワックスを付けると、スティックにくっつきます。

鼻に突っ込んだ!

綿棒の先程度にワックスを丸めた後、いよいよ鼻にスティックを突っ込みます!

初めは熱くないか怖々突っ込みましたが、正直、全然熱くありませんでした。

突っ込んだ後は、出来るだけ鼻毛にワックスを塗り込まないと、そもそも脱毛出来ないので、グリグリスティックを回したりしてワックスを毛に付ける事を意識します。10秒くらいで固まって動かせなくなるので、この辺は慣れが必要ですね。とは言っても、私は1回目で全く問題なく使えたので、不器用な人でも問題ないかと。

この後、、、3分待ちます。この「待つ」行為を怠って、スティックを抜いてしまうと、ワックスだけが残って恐ろしい事(指で抜く)になるらしいので、慌てず待ちましょう。

3分なんてすぐです。

抜いた!

いよいよ、運命の時間がやってきました。

鼻に突っ込んだスティックを、抜く時間が来たのです。

これは、さすがにドキドキしました。ネットで調べたら「ゆっくり抜くよりも、一気に抜いた方が痛みが少ない」との記載があったので。

痛くないかな?

血が出ないかな?

皮膚もごっそり取れて、大惨事にならないかな?

など、不安がよぎります。でも、いつかは抜かなくてはいけません。この状態で生活する事は、恥ずかしすぎます。

意を決して、、

ズポォーーーーッ!

ぬ、ぬ、ぬ、、、抜けましたぁー!

痛みも、正直、全然感じなかったです。本当に1本抜く時の方が100倍痛かった。何故かは不明ですが、事実です。

抜いた後は、鼻の中がツルツル!

肝心の効果ですが・・・マジですごいです!

さすがに鼻毛の写真は記載しませんが、本当にサボテンみたいに鼻毛が毛根から取れます。

個人的にはサボテンっていうよりも、トイ・ストーリー1の壊れたオモチャの頭を思い出しました。

鼻の中を触ってみると、マジで毛がないです!鼻毛ハサミとか、カミソリを使って処理をしても、指で処理面を触るとどうしても少しはザラザラしていたのですが、本当にツルツルです!

ツルツル、というよりもテュルテュルです!

肩とか、毛が普通はない箇所よりも、鼻の中の方がツルツルなんです!

こんな感覚、初めてだよ!

マジで鼻毛脱毛すげーーー!って思いました!

個人的には付属のスティックよりも爪楊枝の利用がおすすめかも

上記の通常の方法でも十分抜けるのですが、この方法だとスティックの特性上(ストッパーから先が短い)、鼻の入り口付近の鼻毛しか抜く事が出来ません。恐らく安全上の考慮なのでしょう。

で、ここから先は自己責任ですが、私は、、、爪楊枝でも試してみました。

具体的には、爪楊枝の尖っていない指で持つ方にワックスを付けて、少し鼻の奥まで入れて脱毛してみました。

結果・・・スティックで取れなかった奥の鼻毛までゴッソリ抜けました!

本当に9割以上取れました!しかも、スティック同様痛くない!

抜く前は「爪楊枝だけ抜けて、ワックスが残ったらどうしよう・・・」と若干不安がありましたが、予定通りです。爪楊枝の指で持つ側って、いい具合いに凹凸があるじゃないですか。あれにワックスが引っかかって、全部ごそっと抜けてくれます。

また、爪楊枝の方が、細くて小回りが利くので、気になる箇所にピンポイントでワックスを塗る事ができます。

実際に試して感じた、鼻毛脱毛の効果

以上が私が鼻毛脱毛ワックスを試してみた結果です。

一言で言うと、最高でした!

念のため、鼻毛脱毛ワックスの効果をサマリしておきます。

本当に、鼻毛がゴッソリ取れる

最も重要です。

私の鼻毛は、多分普通の人よりも多く、濃いと思われます。特に、鼻の内側の上の方にかなりの量が生息しています。

これらの鼻毛が9割近く(9割以上)ゴッソリ取れました。

また、細い産毛も抜けて、触ってみるとツルツルです。これは、これまでの鼻毛の処理方法だと絶対に達成出来なかった効果です。

脱毛後の鼻毛がチクチクしない

鼻毛が笹みたいに尖らないので、伸びてきてもチクチク度が軽減される。

鼻毛処理間隔が長くなる

毛根まで抜くので、鼻毛が伸びるのに時間がかかる。結果的に鼻毛を処理する必要が少なくなる。

処理が簡単

慣れれば5分くらいで左右処理出来る。鏡の前で長時間取っ組み合いをする必要がない。

衛生的

スティックやカップは使い捨てだから衛生的。ワックスも毎回新しいから汚れを心配する必要がない。

周りが汚れない

ハサミや毛抜きだと、周りに鼻毛が飛び散る可能性があった。

脱毛ワックスだと、全ての鼻毛はワックスに付いてるので、スティックを捨てるだけ。周りは全く汚れない。

経済的

使い捨て製品なので、一見ランニングコストがかかるように見えるが、実際は一回70円程度(左右合わせて)なので、非常に安い。

しかも、伸びる時間が長くなるので、かかる費用なんて正直誤差の範囲。

気持ちいい!

本当に鼻の穴がツルツル!絶対に鼻毛が出てないという安心感がある!

痛いか?

私は爪楊枝含め、結果的に4回行いましたが、全然痛くありませんでした。

熱いか?

全然熱くないです。仮に熱いと感じたのであれば、それはやり方が間違っていると思います。私のやり方だと、ぬるささえも感じませんでした。

皮膚は大丈夫か?

これ、私が一番心配だった事です。ワックスが鼻毛にくっつく、それはつまり、皮膚もくっつくのでは?そしたら抜いた時に皮膚もベリッっとはがれるのでは?

結論から言うと、皮膚ははがれません(でした)。やってみたら分かるのですが、ワックスが固まっても皮膚からは簡単にはがれます。プリントプリンの容器と同じくらい。

結論:絶対に一回は試した方が良い

上記のように、これまでの鼻毛処理と比べると、数えきれないくらいメリットがあります。

本当に、鼻毛処理の革命だと感じました。これ考えた人、天才です。

鼻毛に悩まされた事が一回でもある人は、一度試してみる事をお勧めします!

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">