ホットアイマスク徹底比較!最強の癒し効果があるのはどれ!?

IMG_0137

「蒸気癒しアイマスク」の人気商品を徹底的に比較してみました!

値段・使いやすさ・気持ちよさなど、考えられる全ての要素を具体的に比較したので、自分の利用シーンに最適なホットアイマスクを選定する参考になれば幸いです。

結論だけ知りたい方は、一番下の評価を参照してください。

スポンサーリンク
レクタングル大

デスクワークの強い味方「蒸気ホットアイマスク」

オフィスでパソコンをずっと使っていると、どうしても目が疲れてきます。

私は比較的目が強い方なのですが、やっぱり長時間パソコンを利用すると目が疲れるのがわかります。ブルーライトカットメガネを試してみたりしたのですが、私の体質では寧ろメガネを付けるとさらに疲れる気がします。

そんな目が疲れた時に、私が最近よく利用しているのが「蒸気が出る癒しホットアイマスク」です。

コンビニや薬局で見かける事も多くなったから知っている人も多いはず。目の上に乗せる事で蒸気と適度に温かい温度が目の周りの筋肉をほぐしてくれて、目がスッキリする最高のアイテムです。

ちなみに、私の海外の友達も数人このホットアイマスクの愛好者がいて、日本に来たら必ず買いに案内させられます(笑)。

で、この癒しアイマスクですが、最近色んな種類が出てきました。使い捨てで手軽に利用出来るものから、家電のハイテクなものまで様々です。

これだけあると「本当に効果があるものはどれだろう?」と気になる人も多いと思います。でも、中々比較がしずらい商品でもありますよね。ものによってはそれなりの値段がしますし。

実は私も同じ思いを持っていました。なので、良い機会なので色々試してみようと思いました。

今回試してみたのはこれ!

今回は、市場に出回っているもので手に入りやすい商品を4つ選んでみました。コスパのいいものから、充電式で何度でも使えるものまで、4つ揃えてみました。

IMG_0137

では、一つずつ紹介してみます。

めぐりズム 蒸気でホットアイマスク ゆずの香り

IMG_0145
ド定番ですね。癒しアイマスクと聞くと、初めに思い浮かぶのがこの商品と言う方も多いのではないでしょうか。CMで見た事ある人もいますよね。

マツキヨとかの薬局に行くと必ず売っています。5枚入りと14枚入りがあって、もちろん14枚入りの方が値段は高いけど、1枚当たりの単価は安いです。

この商品は1度しか使えない使い捨て商品です。使い捨てカイロと同様の作りなので、パッケージを開けるとすぐに暖かくなります。

香料は色んなバリエーションがあって、今回私が購入したのは「ゆずの香り」がするバージョンです。

めぐりズム 蒸気でアイマスク気分ほぐしてシャキ

IMG_0149
めぐりズムシリーズという意味では、上のホットアイマスクと同じです。

でも、この商品はパッケージのビジュアルからして他のめぐりズムシリーズとは少し違います。

売り文句は「蒸気で気分ほぐしてそのあとシャキッ!」です。メントールが少し含まれていて利用後はスッキリするらしい。

でも、蒸気アイマスクって目を温める為にあるんですよね・・・このメントールって逆の効果にならないか、少し気になった方もいるのではないでしょうか?そんな疑問にも今回答えれたらと思います。

あずきのチカラ 目もと用

IMG_0155
実は、アマゾンのベストセラー1位です。

これまで紹介しためぐりズムは一度使ったらおしまいの使い捨てでしたが、あずきのチカラは電子レンジで温めるタイプなので、何度でも使えます(正確には約250回使えるらしい)。なので、上の2つよりはコスパがいいですね。

使う前に気になった事としては、あずきの香りがどれだけあるかです。あずきのちからの肩に乗せるバージョンは試した事があって、思ったよりもあずきの香りがしたので。

パナソニックの目もとエステ

IMG_0162
私が持っているのは「EH-SW51」というタイプです。

目の上に載せると、暖かくなってバイブがリズムよく目の周りの筋肉をほぐしてくれます。また、水分を含むシートが暖まる事によって蒸気が発生して目の奥までじんわり温まります。

さらに、温度とか、リズム等を色々選ぶ事が出来ます。

これは上記の3商品と違って家電であり、充電式です。なので、何度でも利用する事が出来ます。

目の周りをほぐす家電の専用機を対抗馬に入れるのは少々卑怯な気もしましたが、同じ機能をもつ意味で含める事にしました。

実際に試してみた

では、早速上の4つの商品を使ってみた感想を紹介します。

めぐりズム 蒸気でホットアイマスク ゆずの香り

パッケージを開けてみました。中の商品はこんな感じです。かなりかわいいアイマスクのデザインになっています。

IMG_0146

パッケージを開けた瞬間から、アイマスクが暖かくなってきます。なので、すぐに目に装着してみます。

IMG_0148

感想としては、激しくない軽いカイロを目の上に乗せている感覚(笑)。ゆずの香りがほんわり香って癒されます。

ゆずの香りはキツすぎたら嫌だなと思っていましたが、少し香る程度だったので不快にはなりませんでした。

めぐりズムは耳に引っ掛けるので、顔の角度を上げても問題ありません。これは一見かなりのメリットに見えますが、実際にはアイマスクをすると、そもそも目が見えなくなるので他の作業はできません。なので、通常は寝て使います。結果として、耳フックのある・なしは、それ程比較するときのポイントにはなりません。

10分くらいすると、自動的に温度が下がってきます(実際には15分くらい持続しますが、10分くらいから明らかに温度の低下が感じられます)。でも、10分温度が持続したら十分の癒し効果を感じられます。

アイマスクを外したら、明らかに目の周りの筋肉がほぐされた気分になります。スッキリします。最高です!

めぐりズム 蒸気でアイマスク気分ほぐしてシャキ

ホットアイマスクで目がシャキッってのが気になるこの製品・・・開けてみた直後はこんな感じです。

色的にもターゲットは男性、特にサラリーマンでしょう。サイズは通常のめぐりズムと同じです。

IMG_0150

この商品も、通常のめぐりズムと同様にパッケージを開けた直後から温かくなります。

IMG_0151

耳に引っ掛けて装着した瞬間にメントールの香りが顔を包みます。

思ったよりもメントールの香りが強い!涙が出る程ではないのですが、上のゆずの香りよりも感じます。

私はメントールが苦手ではないので、普通に10分付ける事が出来ましたが、苦手な方は避けた方が良さそうです。

こちらも10分くらいで少しずつ温度が下がってきました。多分完全に温度がなくなる時間も通常のめぐりズムと同じです。

アイマスクを外すと、メントールがさらに香ってきて、少し涙が出てしまいました。。

確かにスッキリ度合いで言うと通常のめぐりズムよりも強いかもしれませんが、、肝心のリラクゼーションが微妙ですね。

あずきのチカラ 目もと用

次は、何度も使える事がメリットの、あずきのチカラを試してみました。

IMG_0155

この商品は、事前に電子レンジに入れて温める必要があります。時間は数十秒程度なので、それ程時間はかかりません。

ただ、ここによると、逆に数十秒という時間を超えるとあずきが焦げる場合があるそうです。。こわっ!

なので、この数秒を気にしながら利用するのは少し面倒くさいですね。

ちなみに、記載されている時間以上にレンジに入れてしまった場合は、アイマスクに危険と言う文字が浮かび上がります。その時は少し冷ましてから使う必要があります。

で、実際に使ってみました。

IMG_0152

まず、初めの感想としては「あずきの臭いが思ったよりもする!」。肩に乗せるバージョンよりもあずき臭がします。

まぁ、鼻の真上に乗せるので仕方ないのでしょう。でも、あずきの臭いが苦手な方は絶対に使わない方がいいです。

肝心のリラックス効果ですが、確かにあずきから少し蒸気が出ているみたいだし、上のめぐりズムと同じくらいの温度が保てるので非常に快適です。

少し気になったのは、めぐりズムと違ってあずきが温かい効果を与えているのですが、そのあずきが目の端に集まってしまう事です。なので、中心はそれ程温かくありませんでした。また、あずきの特性上、粒が大きいのでそれが少し気になります。

これも10分くらいで温度が下がってきました。この10分と言うのがアイマスク業界では常識になっているのでしょうか。

パナソニックの目もとエステ

最後にパナソニックの目もとエステです。家電の専用機です。

今回は事前に充電しておいたので、そのまま使えます。ちなみに1回充電したら何度か利用出来るので、旅行等に持って行くときもACアダプタを持って行く必要はありません。

とりあえず、専用プラスチックシートに水を付けて、温度を「高」にして、リズムを決定して目の上に乗せてみました。

IMG_0153

本体はプラスチックなのですが、肌に当たる箇所はゴムのアタッチメントなので、目の周りに違和感が感じる事はありません。

開始直後にバイブで目の周りの筋肉がほぐされているのがわかります。また、開始1分くらいで温度が上がってきてめちゃめちゃ気持ちいいです。

約10分間、様々なリズムで目の周りがほぐされます。さすが目を癒す為の専用機って感じです。

リズムが気持ちよすぎて、5分間くらいマジ寝してしまいました。

癒しアイマスク関係で寝てしまうのはこの1つだけでした。

以上が4つのアイマスクを試してみた感想です。

次に、色んな側面で各製品の評価をしてみます。

各製品の評価

評価1:手に入れやすさ

次に、色んな側面で各製品の評価をしてみようと思います。

まずは手に入れやすさです。

手に入れやすさでは、めぐりズムシリーズが一番でしょう。

私の家の近くには3つ薬局がありまして、今回全ての薬局に調査に行ったのですが、めぐりズムシリーズは全ての薬局に置いてありました。通常のと目がシャキのも両方置いていました。

一番安いのはネットでしょうね。ここなんて激安です。

一方、あずきのチカラは2つの店舗にしか置いていませんでした。名札自体なかったので、たまたま在庫がなかった訳ではなさそうです。

パナソニックの目もとエステは、そもそも家電製品に位置づけられるので、薬局には置いていないですね。これはネット通販や家電量販店で買う事になります。

上記を踏まえて「めぐりズム」が最もポイントが高いと感じました。

評価2:コスパ・値段

まず、みんな大好きな値段の紹介です。

商品の値段(これだけだと、本当にお得かはわからない)

めぐりズムですが、3店舗の中で一番安かった値段が以下です。通常バージョン・目がシャキバージョンも同じ値段でした。

5枚バージョン:
2016-01-31_062534006_624EA_iOS

14枚バージョン:
2016-01-31_062525468_7D722_iOS

買うなら間違いなく14枚の方が単価は安くなります。ちなみに、店舗では上記が一番安かったのですが、オンラインも含めるとAmazonが一番安かったです。

次に、あずきのチカラですが、これの実店舗の最安値は以下でした。

2016-01-31_062459083_8DDF7_iOS

ちなみに、こちらもAmazonの方が安かったです。なので、私はAmazonで購入しました。プライム会員なので当日に到着したし。

パナソニックの目もとエステは、家電製品なので、上記に比べると圧倒的に値段が張ります。

利用回数を考えたコスパも考える必要があるよね

確かに他のアナログなアイマスクと比べるとパナソニックの製品は高いのですが、利用回数を考えるとどうでしょうか?

めぐりズムは一度使ったらもう使えません。完全に使い捨てになります。単価は一つで70円程度です。100回利用したら、7,000円になります。

つまり、日常的に使う程、めぐりズムの利用はコスパ的に不利になってしまいます。

一方、あずきのチカラとパナソニックの目もとエステは繰り返し利用する事が出来ます。なので、日常的に使うのであればこの2つのいずれかを選択した方が、結果的にはお財布に優しいと言うことになりますね。

これらを総合的に考えると、特定の製品が必ずしもお得という結論は出せませんでした。

1回だけならめぐりズム、何度も利用する可能性があればあずきのチカラ・目もとエステでしょう。

評価3:利用のしやすさ

リラックスするために購入する訳ですから、手軽に利用できた方が良いに決まってますね。

めぐりズムはパッケージを開けるだけですぐに使用出来ます。でも、これは実は私はデメリットでもあると思いました。

理由は、一度開けてしまうと一時停止できないからです。これ、重要です。

一度開けてしまうと、仮に途中で急ぎの作業や子供の相手をしなければいけなくなっても、一時的に効果を止める事はできません。絶対に10分経つと冷えてしまいます。冷えてしまったら、捨てるしかありません。なので、使うタイミングに気を使う必要があります。

あずきのチカラは最悪途中でインタラプションが入っても、再度レンジで温めたら良いですし、目もとエステは電源を付け直したらいいだけです。

あずきのチカラのデメリットは、レンジで温めるのに少し時間がかかる事です。また、見過ごせないデメリットとして「温めすぎるとあずきが焦げて危険!」という事があります。

上記を踏まえて「目もとエステ」が最もポイントが高いと感じました。

評価4:快適度・効果

比較する要素として最も重要!

いくらコスパがよかったり、手に入れやすくても、本来の目的であるリラックス効果が薄いと意味がありません。

その意味で、まずは個人的に最も低評価の製品を先に発表します。「あずきのチカラ」です。

なぜ、あずきのチカラが低評価になったか?

まずは、香りです。上の使用したときの感想でも書きましたが、あずきの臭いがかなり強い!

私は別にあずきが嫌いな訳ではないですが、やっぱりリラックスとあずきは同一ではないです。リラックスしたい時に匂いっていたい香りではありません。

特にアイマスクは鼻の上に乗せるものなので、あずきの香りがダイレクトに直撃してきます。10分の間、地味に効いてきます。これが毎日となると、かなり辛いです。

次に、あずきの大きさです。やはりそれなりの大きさの粒なので、温かい箇所が偏ってしまいます。

さらに、電子レンジで温めるという特性上、誤って温めすぎないように気をつける必要があります。失敗すると焦げる恐れがあるので、忙しい時は中々温める事が出来ません。少し危険なので。

なので、私の中では快適度の評価では「あずきのチカラ」は早々に脱落。

残るは、「めぐりズム」と「目もとエステ」に絞られました。

めぐりズムと目もとエステでは?

これは甲乙付けがたいくらい、どれも非常に快適でした。マジで、気持ちいい。

目もとエステは専用機ですので、複数のエステモードがあったり、温度を選べたりの多彩のバリエーションが力です。一方、めぐりズムの適度な温度も捨てがたいです。

しかし、単純に快適度の比較であれば、やはりパナソニックの目もとエステに軍配が上がります。付けている時に寝てしまう程気持ちよかったのはこれだけだったので。

総合評価:

では、総合評価です。

1位:パナソニックの目もとエステ

さすがは専用機と言ったところでしょうか。多彩なモード、様々なバイブのバリエーションで目もとの張った筋肉を「これでもか!」というくらいほぐしてくれます。間違いなく効果を感じれます。

しかも、充電式なので非常に手軽に使う事が出来ます。機械自体大きくないので片付けも簡単だし場所もとりません。充電式でも一度充電したら何度も使えるので、旅行に持って行くのも簡単です。

初期投資はそれなりにしますが、何度も使える事を考えると最終的なコスパも最も高いのではないでしょうか。

ちなみに、現時点での最新機種は以下です。アロマの香りが出るボールが装着出来るらしい。

2位:めぐりズム 蒸気でホットアイマスク ゆずの香り

正直1位と悩みました。めぐりズムも使っている途中は天にも昇る気持ちよさ、使い終わったらスッキリして目の周りがほぐされているのが具体的にわかるので。ゆずの香りが特に好きな方は、たまらないはずです。

1回の値段が安いのもポイントです。

でも、やはり「眠ってしまう」ことはなかったので、僅差で2位としました。また、一度開けてしまうと途中で別の作業が一切出来なくなるのも少しマイナスとしました。

3位:めぐりズム 蒸気でアイマスク気分ほぐしてシャキ

これも、2位のゆずの香りと同等の気持ちよさでした。というか、匂い以外は何も変わりません。

ただ、個人的にはメントールが強すぎたなーと。逆に言うと、メントール感が好きで、リラックスしたいけど目を覚ましたいという特別な用途を求めている方は一度試してみたらよいかと。

かなり男性向けです。

4位:あずきのチカラ

あずきの臭いがかなりするので、それが大きなマイナスポイントでした。やはり、この手の製品はそもそもリラックスする事が最も重要なポイントなので、そのポイントが損なわれる要素があったら総合評価的には厳しくなりますね。

ただ、使い回しできるのに安価なのはポイント高いです。

あずきの匂い大好き&コスパの高い製品を選びたい方は、試し見てもいいかもしれません。

結論:やっぱり専用機は最高!でも、まずはめぐりズム買ってみてから決めるのがベスト。

以上が、私が複数のホットマスクを実際に試してみた感想・評価となります。
私はパナソニックの目もとエステがやっぱり最高だと感じました。はっきり言って、もう手放せません。

最後に、今まで一度も使った事がない人のオススメの買い方ですが、個人的にはまずは「めぐりズム」を買ってみる事をおすすめします。

めぐりズムは初期投資が14枚勝手も1,000円程度と安価です。なので、一度めぐりズムを買ってみて、ホットアイマスク自体が自分に合うかを試してみるべきです。14枚あったら毎日使っても2週間試せるので。

で、自分の体質的にもホットアイマスクに癒し効果を感じれたら、本格的な専用機の購入をお勧めします。

購入前には、他の方の感想や評価も参考にしてみてください。
こちらとかは、私以上に細かい紹介をしていたりしますので、購入を決める上で更に参考になると思います。

さらなる癒しを求めている方は、こちらもどうぞ!

話題沸騰中のストレッチハーツが骨盤と肩こりに効きすぎてビビった!
ストレッチハーツを実際に購入したので、使用した感想をレビューします。 一言でいうと「ちょー気持ちいいー!」です。 ストレッチハー...
勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">