子供のSkype英会話を試してみた。忙しい人には便利です。

OMG151018080I9A2227_TP_V3

今流行のオンライン英会話をうちの6歳の子供に試させてみました。

スポンサーリンク
レクタングル大

オンライン英会話とは?

オンライン英会話とは、これまでの英会話教室に行く事なく自宅でSkypeなどのチャットソフトを使って英会話ができるしすてむです。

「Skypeなど」と書きましたが、原則Skypeを利用するみたいです。Skypeはビデオチャットも無料でできるので、ほとんどはこのインフラを利用するみたい。

この方法だと、利用者側には以下のメリットがあります。

  • わざわざ外に出向く必要がないから時間的に柔軟に勉強時間を設定出来る
  • マンツーマンで対応してくれるサイトがほとんどなので、学習効率が上がる
  • コストが安い

提供側も以下のメリットがあります

  • 英会話講師が地理的にとらわれないでもいいので、海外の単価が安い講師を利用出来る
  • 物理的な教室を用意する必要がないので、コストを下げる事ができる

一方、以下のような不安を抱えている人も多いのではと思います

  • 講師のレベルが気になる
  • Skypeだと、本当に相手とコミュニケーションできるのか?画質などは?

子供むけオンライン英会話について

そもそも、なぜ私がオンライン英会話について興味をもったかですが、それは子供が英会話をやりたいと言い始めたからです。恐らく幼稚園のお友達がやってるからでしょう。

私は子供の頃海外に行っていたので、「英語を学ぶ上で定期的な継続が最も重要」であることを知っています。だからこそ、やるからには継続して欲しいと思っています。

ただ、妻も私も仕事をしているので、この「継続」をいかに行わせてあげるかが悩みどころでした。

で、オンライン英会話です。これなら家のiPad Proを利用したSkypeで手軽に行えるな、と。

実際にやってみました

今回初めてキッズのオンライン英会話を色々調べたのですが、、非常に多くのサイトがあるんですね。ということは需要もかなりあるのでしょう。

その中で適当に以下のサイトを選びました。選定理由は特にありません。Gogleの検索上位だったことくらいです。

子ども専用英会話 キッズスターイングリッシュ

殆どのサイトは2回くらい体験ができるみたいです。体験もオンラインで行うので、人件費が多少かかるくらいなので、サイト側もやりやすいんでしょうね。

英会話の予約の方法は、ざっくり言うと以下の方法でした。

  1. サイト登録
  2. 自分(今回は息子ですが)が英会話可能な時間の講師を検索
  3. 予約

そうすると、開始10分くらい前に自分のSkypeに対して承認依頼の連絡が来ます。

そして、開始時間になると講師からSkypeの連絡が来て英会話のスタートです。

キッズ英会話を試した感想

感想ですが、正直自分が想定していたよりも良くできてるなぁってのが本音です。

講師のレベルは人によると思います。でも、これは通常の英会話も一緒ですよね。

私が最も事前に気になっていたのは、Skypeの画質でどこまで英会話がシームレスに行われるか?だったのですが、全く問題ありませんでした。息子は英語は全く知らなかったのですが、図形や色のカードボードを利用してわかりやすく英会話をやってくれました。息子もそれなりに楽しんでいたようです。

画面はやはり大きい方がいいです。私のiPad Proがこんなところで活躍するとは思いませんでしたが(笑)

一点、iPadでSkype英会話をやると少し難点があります。それは、インカメラの位置です。普通のパソコンだったら横向きの画面でディスプレイの上にインカメラがありますが、iPadの場合は横向きにしたらインカメラが横になってしまいます。だからと言って、こちら側の画像を相手に見せる必要性は殆どないので問題はないのですが。

この英会話サイトを継続して利用するかはわかりませんが、Skype英会話自体は継続してやらせてあげたいなと思いました。

(上記の通り複数のサイトが存在するので、とりあえず色々試してみて気に入った講師が見つかったら良いなと思います)

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">