シックスパッドジェルシート(EMSショップの2種類)を徹底比較!

IMG_5300

久しぶりにシックスパッドネタです。

以前絶賛したシックスパッドの互換ジェルシートのお店「EMSショップ」が新しいタイプ(強力粘着タイプ)を発売したので、試しに買ってみました。

また、「通常タイプ」と「強力粘着タイプ」を同時に使ってみて比べてみました。

スポンサーリンク
レクタングル大

先に・・シックスパッドを利用して1年が経ちました

時がすぎるのは早いもので、シックスパッドを利用し始めて1年になりました。

その間に「初代シックスパッド」「スレンダートーン」「シックスパッド2」と、使っているEMSは変わっていきました。今ではシックスパッドの第2世代を利用しています。

IMG_5325

この1年で、私の体型も劇的に変化しました。これはシックスパッドだけではなく、食事制限など様々な要因が組み合わさった結果だと思いますが、見た目もかなり変わってきました。

【1年前】

f1

【現在】

IMG_5347

当然ですが、変なオイルを付けて痩せるように見せてることはありません。表情で「痩せた」感も(顔を出していないので)ありません。

個人的にはシックスパッドは購入して良かったと感じた製品です。その辺は以下に書いたので参照してください。

シックスパッド購入前に「絶対」知っておいたほうが良いこと!5つ!
私はこれまで「シックスパッドの旧式(Absfit1)」・「スレンダートーン」・「新型シックスパッド(AbsFit2)」と、様々なEMS器具を...

シックスパッドの互換ジェルシートとは?

さて、話を戻します。

このシックスパッド、実はランニングコストがかなりかかります。

使う為には「ジェルシート」というシートを貼り付ける必要があるのです。これを貼らないと、動きません。

このジェルシート、正規品は意外と高くて4,000円くらいします。1回のジェルシートセットで1ヶ月くらい使えるので、結果的に1ヶ月のランニングコストが4,000円くらいになります。

なので使い続けると、正規品じゃない「互換ジェルシート」の購入を考え始めるのが自然の流れです。互換品だと正規品の半額以下でも購入できるので。

ただ「互換ジェルシート」は様々なメーカーが販売しているので、品質や効果(あくまでも感覚ですが)に不安を持っている人もいるはずです。そう思って、私は日本で販売されている互換ジェルシートを手当たり次第購入して、感想を記事にしました。

シックスパッド交換互換ジェルシート(非正規)徹底比較!使用結果!
現在販売されているシックスパッドの互換ジェルシートをしらみつぶしに購入してみました。 今回は実際にシックスパッドで試してみた結果を紹介...

その時に総合的に一番良かったと思った互換ジェルシートは以下のものです。

>>(EMSショップ)シックスパッド用 互換交換ジェルシート 3.7 cm×6.4 cm(アマゾン)

粘着度・耐久性は正規品と違いがわからない。変な臭いもないし、値段も安い。これらの条件をすべて満たしていたのはEMSショップのジェルシートだけでした。

今回の「強粘着力タイプ」について

これです。

>>(EMSショップ)EMS用 高品質互換ジェルシート(アマゾン)

同じ販売店から販売されているジェルシートなのですが、値段が初回に紹介したジェルシートよりも圧倒的に安い。

しかも「強粘着力」をうたっている。つまり、これまでのジェルシートよりも長持ちする?ことを期待してしまいます。

興味があったので、前回紹介したジェルシートと比較してみることにしました。

外観の紹介

IMG_5294

普通の定形外郵便の袋から出てきたのはこんな感じのビニール袋でした。

IMG_5300

しっかり「高粘着力タイプ」って書いています。

ちなみに、ここからは「通常タイプ(これまで購入していたやつ)」と比較していきます。

IMG_5295

左が今回購入した「高粘着力タイプ」、右がこれまでのタイプです。

IMG_5299

外袋を開けてみます。ちなみに、この袋はチャックになっているので、一度開けても保管が可能。

IMG_5301

なんと、出てきた袋はこれまでの標準タイプと殆ど違いがわかりません。ちなみに左が今回の「高粘着力タイプ」です。

IMG_5302

とうぜん後ろも変わりません。

この時点では「実は同じなんじゃないの?」と思っていました。

実際に比べてみました

ここからが本題です。

今回購入した「高粘着力タイプ」と、これまで購入していた「標準タイプ」を比較してみました。

比較方法は簡単。

「左3つを高粘着力タイプ」・「右3つを標準タイプ」で貼ってみることにしました。

IMG_5304

つまり、上のように裏返した状態で、左右別のジェルシートを貼ってみて、使用感を含めて色々試してみようと考えました。

まずは、貼った時の感覚

貼るためには、現在のジェルシートを剥がさないといけませんね。

IMG_5305

こんな感じで古いジェルシートをコロコロ剥がします。

IMG_5306

キレイになりました。

IMG_5307

まずは新しいシート「高粘着力タイプ」を貼っていきます。ジェルシートは3枚が1つの袋に入っています。袋を破ってみました。正規品のジェルシートと殆ど違いがわかりません。

IMG_5308

本体に貼る面はオレンジのフィルム側というのも正規品と同じです。こんな感じの切れ目があるので貼りやすい。

IMG_5309

本体側のオレンジフィルムを剥がした状態です。正規品よりも少し白っぽい。

しかも、少し臭いがします。。幼稚園で使う水性糊みたいな・・・

IMG_5310

とりあえず貼ってみました。全く問題なく貼ることができました。

IMG_5311

次は「通常タイプ」のジェルシートです。やはり見た目は「高粘着力タイプ」と変わらないですね。

IMG_5312

しっかり本体面に切れ目があるのも変わらず。

IMG_5313

こちらも本体に貼ってみました。色も正規品と違いがわからず。臭いも特に感じませんでした。

IMG_5314

6枚貼ってみました。もう一度、左が「高粘着力タイプ」・右が「通常タイプ」です。

IMG_5315

腹筋に貼る側のフィルムも剥がしてみました。

左側は・・・やっぱり少し臭います。

IMG_5322

腹筋側のフィルムを全て剥がしてみました。左の3枚が少し半透明状なのが分かるかと思います。

実際に腹筋に貼って試してみた結果

実際に試してみました。

IMG_5321

今回は20レベルあるうちのレベル17とレベル20(最高)を試してみました。

自分の体感では「正規品との違いがわからない」レベルでした。

また、左も右も違いが一切わかりませんでした。左だけが強いとか、ピリピリするとかもありませんでした。

個人的には「しっかり違和感なく利用できるか?」というのが一番重要な要素だったのですが、驚くほど問題ありませんでした。

身体から剥がしてみた感想

今回購入したジェルシートのウリ文句は「高粘着タイプ」なので、剥がす時に皮膚から剥がれにくいのかな?と思ったのですが・・・

正直、、、(通常タイプと)違いはわかりませんでした。

というのも、通常タイプも高粘着タイプも「キレイに剥がれた」からです。

互換ジェルシートによっては「キレイに剥がれず丸まってしまう」とか「本体側が剥がれてしまう」とかの問題があるケースも見受けられたのですが、今回は2つとも「キレイに腹筋側から剥がれた」ため、特に不満は見つからなかったのです。

結局、唯一の不満は・・・臭い

です。

シックスパッドを本体から外した後も、皮膚に糊みたいな臭いが少し残ってしまいました。

10分くらいしたら臭わなくなりましたが、気になる人は気になると思います。

まとめ。「高粘着タイプ」も問題なく使えた

使用上は全く問題なく使えました。

これを踏まえて、「高粘着タイプ」と「通常タイプ」を実際に試した結果の比較をサマリします。

高粘着タイプ

  • 安い
  • 普通に使えた
  • 特にピリピリなし
  • 使用後の皮膚に異変なし
  • 臭う

通常タイプ

  • 正規品よりは安いが「高粘着タイプ」よりは高い
  • 普通に使えた
  • 特にピリピリなし
  • 使用後の皮膚に異変なし
  • 臭わない

なので「ちょっと臭ってもよければ安い高粘着タイプ」・「臭いを気にするなら通常タイプ」かと。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">