液晶をELECOMのウェットティッシュで拭いたら驚くほど綺麗に!

71tF9rAzWvL._SL1500_

液晶をELECOMのウェットティッシュ(液晶クリーナー)で拭いたら、想像以上にピカピカ綺麗になったのでビックリしました。最も驚いたのが、拭きムラ(拭き跡)が一切出なかった事です。

値段も手頃だし、身の回りの機器がピカピカになるとめっちゃ気持ちいいです!オススメです!

スポンサーリンク
レクタングル大

今まで液晶をウェットティッシュで拭かなかった理由

決して掃除をしていなかった訳ではありません。基本的に乾いた布やティッシュでホコリを取る程度でした。

理由は以下の通りです。同じ理由でウェットティッシュでの掃除を敬遠している人もいるのでは。

拭いた後にムラができる

いわゆる「拭き跡」、「拭きムラ」です。これが、私がウェットティッシュを使っていなかった一番の理由です。

以前はウェットティッシュでノートパソコンの液晶画面を拭いていたのですが、拭いたらどうしても拭きムラが出てしまいました。うっすらと影みたいなのが出てしまいます。

その後に乾いた布で拭いたら多少改善されるのですが、完全に拭きムラをなくすのに苦労するし、乾いた布についているホコリが更にくっついてしまって意味ねー!って事になりがちです。

液晶の裏に水分が入るのが怖い

いくつかのAmazonのウェットティッシュタイプのクリーナーのレビューを見てみると「ノートパソコンのディスプレイの裏側まで水分が入ってしまって大変な事になった」なんていう恐怖のコメントが見受けられました。

本来は綺麗にする為のものなのに、逆にパソコンを壊してしまうなんて、怖すぎです。という訳で、敬遠していました。

水分が蒸発して、直ぐに使えなくなる

この手の製品は購入する量が多い程、1枚当たりのコストは安くなります。

でも、ウェットティッシュは水分が付いているから機能します。その水分は意外と速く蒸発します。

液晶を綺麗にするのなんて、1ヶ月に1回やるかやらないかです。1ヶ月後には残りのウェットティッシュが完全に乾いていて結局使わずに損したなんて話も良く聞きます。

今回ELECOMのウェットティッシュを買った理由

今回購入したウェットティッシュは以下です。

では、何故それ程までに敬遠していたウェットティッシュを買ったか?でが、以下の理由です。

「拭きムラ」が殆どないらしい

上記のAmazonのコメントを見てもらったらわかりますが、拭きムラが殆ど出ないってコメントが多数でした。

正直、今まで拭きムラが出なかったウェットティッシュに遭遇した事がなかったのでかなり疑心暗鬼でしたが、一度試してみる価値はあるかなと。(やはり布で拭くだけだったら細かい汚れは落ちないので)

ノンアルコールタイプ

アルコールが入っていると、変色などが心配になりますが、この製品はノンアルコールです。

20枚入りで経済的

同じウェットティッシュで80枚入りと110枚入りもあったのですが、個人で使用するだけだったら絶対に使い切れないと思いました。特に上記の通り、ウェットティッシュはすぐに乾燥して使い物にならないので。

でも、20枚入りだったら何とか使い切れるかなと。また、値段も500円しなかったので、乾燥して使えなくなっても諦めがつきやすいと思いました。

商品の外観

普通のウェットティッシュなので驚きはありませんが。。。

IMG_0945

大きさがわかるように、横にiPhone6を置いてみました。でかいです。

IMG_0946

なんか、色んなテクノロジーで汚れを落としてくれるらしいです。ワクワクしますね!(マジで、これから汚れがガシガシ落ちると思ったらワクワクします!)

IMG_0948

一枚取り出してみました。水分はそれ程含んでいる感じがしません。ビショビショじゃないです。これだと液晶の裏側に水分が残るような事故はなさそう。

上記の写真は後ろにパッケージを置いてみて、シートを半分に折っています。かなり大判なのが分るかと。

実際に使ってみた!マジで拭きムラが出ない!

では、いよいよ使ってみたレビューです。

今回は私のメインマシンであるMac Book Air 13インチに使ってみました。

これが、利用前の画面です。かなりホコリや汚れが付いているのがわかるかと。

IMG_0944

この液晶画面を購入したウェットティッシュでフキフキしてみました。決して強く押さずに、優しく。。。

すると、驚く程汚れが取れます。特にお茶?か何かが飛んでくっついていた汚れ等が、ウェットティッシュの水分で驚く程取れて行きます。

拭いた後の液晶画面がこれです。

IMG_0951

写真だと分りづらいかもしれませんが、本当にピカピカになっています!正直めちゃめちゃ気持ちいいです!

驚いた事に、本当に「一切」拭きムラが出ません。拭きムラに気をつけていた訳ではありません。ただ、拭いただけです。

驚きました。

このウェットティッシュは大判なので、同じウェットティッシュでついでに以下も拭いてみました。

  • Mac Book Airのキーボードの面と、液晶の裏側の面
  • サブパソコン(HPとLenovoのやつ)
  • 持っているスマホ全て

iPhoneとかも拭いたらピカピカになります!

IMG_0950

サッと拭くだけでピカピカ!気持ちいいーーー!

拭いた後のウェットティッシュがこれです。

IMG_0952

やっぱり汚れていますね。。汚れが見えた方が、逆に達成感があります(笑)

静電防止でホコリを寄せ付けないらしい

この製品、汚れを取り除くと同時に帯電防止効果によってホコリが付きにくくなるらしいです。

確かに拭いてみて1日経ちましたが、これまでよりもホコリが吸着していない気がします。これは、同時にキーボードも拭いたからかもしれませんが。。。

まとめ。めちゃめちゃ満足度高いです!

これまで、iPhoneとかパソコンとか色んなガジェットを紹介してきました。

当たり前ですが、ウェットティッシュのレビューは今回初です。

でも、製品の満足度って値段とは違うところにあるんだな、と改めて感じさせられました。

確かに、たかがウェットティッシュです。でも、これまで汚れていた色んなOAデバイスをまとめて綺麗にするのって、めちゃめちゃ快感です。

今まで使っていた、汚れが出始めたパソコンとかスマホが、(500円程度で)新品みたいに息を吹き返す瞬間!

気持ちいいし、楽しいー!

当初心配していた拭きムラ(拭き跡)も私の環境では一切出ませんでした。正直、マジでオススメです。

この夏休み、あなたも自分の持っている色んな機器を綺麗にしてみませんか!?

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">