映画ドラえもんはAmazonプライムビデオで観放題です!

03

更新:Amazonプライムのドラえもん配信は終了しました。

先週、うちの子(5歳)が風邪をひきました。

子供って風邪引くとめっちゃ可哀想ですよね。もうずっとぼーーーっっとしていて、ご飯も食べなくて「こいつ本当に大丈夫か!?」って心配になります・・・

また、幼稚園を休ませても外で遊ぶことも出来ないし、そもそも家でも遊ぶ気力がないくらい弱っていると、時間をもてあそぶだけで、やることもなくって感じになります。

そんな時はテレビを見せてあげるのですが、お昼って地上波はそんなに面白くないんですよね。特に子供には。

なので、先週はAmazonのプライムビデオでドラえもんの映画を見せてあげていました。

プライムビデオでは映画ドラえもんシリーズの殆どが観放題です。

プライムビデオで殆どのドラえもんの映画が見れる

上記のプライムビデオというのは、私のこのブログで何度か紹介しているAmazonのプライムメンバーだと無料で見れる動画配信サービスのことです。

アマゾンプライムミュージック・ビデオはこんな人に最適です!
アマゾンプライムミュージックを使い始めて早や1週間が経ちました。ダウンロードしたミュージックは1000曲を超えてると思います。 もちろ...

このプライムビデオのコンテンツですが、子供向けのコンテンツにもかなり力を入れており、特にドラえもんシリーズはめちゃめちゃあります。

特に映画が多い。

IMG_0072 copy

上記は全コンテンツの一部です。感想としては今まで公開されたドラえもん映画の9割はあるのではないでしょうか。

また、モノによっては、最近のドラえもんにリメイクされた映画と、リメイク前の映画の両方があります。例えば、大人も子供も感動する「のび太の恐竜」も、両方のバージョンが視聴可能です。

先週の子供が風邪を引いた時も、親子で「のび太の恐竜」を見ました。映画のドラえもんって何気に大人でも感動するんですよね。最近の戦隊モノとかを観ている世代にとったら、ドラえもんは地味かな?と思っていたのですが、めちゃめちゃ喜んでいました。やっぱりロボットとか恐竜とかは世代関係なくロマンを感じてくれるみたいです。

多分、子供の頃に観た思い出とかとも重ね合わせているんだと思いますが、大人はリメイク前の方が楽しめる気がします。

ちなみに、今年の3月5日に公開予定の「新・のび太の日本誕生」のリメイク前バージョンも観ることができます。

まだプライムビデオを試していない方は一度試してみることをおすすめします

プライムビデオはドラえもん以外にも様々なコンテンツが観放題となります。また、プライムミュージック(音楽聞き放題)などの他のプライム会員の特典も非常にコスパがいいものばかりです。その辺は、以下の記事にまとめたので参照してみてください。

AmazonプライムMusicとビデオのお得感を計算してみた!
本日発表されたAmazonプライムミュージックでテンションが上がったので、Amazonプライム会員のお得感をざっと計算してみました。 ...

ちなみに、以下の公式Amazonへのリンクからプライム会員登録をし、30日間の無料トライアルをする事が出来ます。つまり、無料でAmazonミュージックとビデオを30日間見放題・聞き放題を体験する事が出来ます。

prime_icon

Amazonはいつまでこのキャンペーンを行うかを明言していないので、音楽・ビデオが好きな方はとりあえず登録する事をお勧めします。もし30日間で登録キャンセルしたら、一切費用はかかりません。

Huluの動画コンテンツとプライムビデオのコンテンツを比較したいと考えている方は、以下のリンクからだと2週間無料期間(会員登録も無料)があるので、その間に両方比較してみることが可能です。で、自分に合わないと感じたら2週間以内に解約すれば良いかと。(両方自分の生活スタイルに合わないと思ったら、両方解約すれば費用は一切かかりませんし)

ちなみにその後・・・

家族全員が風邪引きました(笑)。なので、先週は殆どブログ記事更新が出来なかった・・・

勉強を再会する方へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 通りすがり より:

    現在はAmazonプライムビデオで
    ドラえもんの映画はほぼすべて視聴不可能になりましたよ
    ちなみに今後追加される予定はないそうです

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">