ロック機能有 デジタルペーパーのレビュー

IMG_5764

アマゾンのタイムセールで「ロック機能有 デジタルペーパー」が売り出されていたので買ってみました。

子供の勉強用のメモパッドに最適です。

使い勝手、大きさを中心に紹介していきます。

スポンサーリンク
レクタングル大

購入の動機

息子が来年から小学二年生になります。

昔の私と正反対で勉強に興味があるらしく、通信教育にも手を出しています。現在「Z会」と「ピグマ」の両方をやってます。私だったらすぐに投げ出しているでしょうが、息子は喜んで取り組んでいます。何が面白いのか、私には一切わかりません。

最近は算数の内容も難しくなってきたらしく、頭のなかで考えるだけだと不十分で「紙に式や数字を書きながら勉強する」シーンが多くなってきています。

毎回メモ書きの為に紙と鉛筆を探すのも面倒です。何か良い方法はないか?

と思っていた矢先、アマゾンのタイムセールでたまたま以下を見つけました。

これと同じやつをケータイショップで使ったことがありました。個人情報(氏名、電話番号など)を伝える時にこのメモパッドに書いて、担当の方が確認後に「ボタン一つで一気に消える」。

便利だと思ったのですが、値段までは知りませんでした。

これ、2,000円もしないんですね。これなら勉強に活用するために買うのもアリだな。

他に以下の要素も決め手となりました。

  • ロックボタンで誤消去を防げる
  • 大きさもiPad Miniと同じくらいで十分な書ける範囲
  • マグネットが付いているので冷蔵庫とかにも貼れる
  • ペンを収納できる場所がある

という訳で試しに購入してみることにしました。

到着!外観の紹介!

アマゾンで購入し、いつもの簡易包装で届きました。

IMG_5760

簡易包装を開けてみました。海外製のデジタルガジェットの箱っぽいです。

IMG_5761

背面はこんな感じ。

IMG_5762

さらに箱を開けてみます。

IMG_5763

こんな感じでプラステックのケースに入っています。日本製みたいにビニール袋とかには入っていませんでしたが、まぁ精密機械とまではいかないので大丈夫でしょう。

IMG_5764

これが本体です。青色の縁以外に黒とかもあったのですが、息子が青が良いと言ったのでこっちを選択。

IMG_5766

これが背面です。黒い長四角はマグネットです。マグネットが付いているので冷蔵庫とかにも貼り付けておけるのがポイント。

初めは「こんな小さなマグネットで冷蔵庫に貼り付けれるのか?ずり落ちたりしないか?」と心配になりましたが・・・そもそもこの製品が軽いので全く問題ありませんでした。

後ほど紹介します。

IMG_5765

これがペンです。太さが2種類ありますが、ぶっちゃけ違いがそれ程感じられませんでした。

パッドに収納できるのは非常に重要なポイント。製品によってはペンが収納できないものもあるのですが、ペンは絶対に収納できたほうが良い。

子供はすぐにペンをなくします。家でしか使ってなくても、なくします。

IMG_5769

下部にロック用のスイッチがあります。これで誤って消すのを防げる。

とは言っても、実際に使うことは少ないと思う。

IMG_5768

このボタンで書いた絵や文字を消すことができます。

大きさを比較してみた

iPad ProとiPad Miniと比較してみました。

IMG_5875

iPad Miniと大きさは同じくらいです。子供のメモ程度だったら十分すぎる大きさです。

実際に使ってみた

7歳の息子の力で文字がかけるかが一番気になるポイントでした。

IMG_5767

これは実際に7歳の息子が書いてみている状態ですが、全く問題ありません。

ただし!単純にペンを画面に添えるレベルだと書けません。やはりそれなりに強く(鉛筆で書くよりも少し強く)書かないと駄目です。

まぁそうでないと想定外の描画もされてしまうと思うので。

ちなみにペンでなくて爪などの尖った箇所でも普通に書けます。

後ろのマグネットの強度について

既に上でも書きましたが、冷蔵庫とかに貼り付けるのに不自由しないレベルです。

IMG_5876

これだと本体をなくさないので良いですね。メモを書きたい時に「まずは冷蔵庫を見る」っていう習慣がつきそうです。

まとめ。簡単なメモには便利なツールです。

今回紹介したデジタルペーパー:

息子の勉強&コミュニケーションに活用できそうです。

ただ、紙のメモを完全になくすことはできません。なぜなら「最終的には消す必要がある」からです。

一時的に数式を教えるとか、感じの書き順を教えるとか、そういう用途に使うことになりますね。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">