1ヶ月で-7Kgのダイエット企画!具体的にはこれを実践するよ!

14121438_tp_v

この記事はダイエット企画の連載です。

今回のダイエットの具体的な目標については、以下の記事を参考にして下さい。

明けましておめでとうございます!ダイエットします!
タイトルの通りです。 1ヶ月で7Kgのダイエットを宣言します! 明けましておめでとうございます! 皆さん、明けましておめでとう...

この連載では、「過去に1ヶ月で6Kg痩せた」方法を解説していきます。
そして、この方法で来週から実際にダイエットを開始します。

今回は、「ダイエット。具体的に何をするか?」について紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル大

過去に1ヶ月で-6Kg達成した方法を再度実践する

過去に実践した方法+αでいきます。

  • 摂取カロリーを減らす活動
  • 消費カロリーを増やす活動

さらに、以下の要素を満たしている活動を選定します。

  • 継続可能である事
  • 簡単な事(時間をかけない)
  • 低コストな事

摂取カロリーを減らす方法

まずは、摂取カロリーを減らす方法。
短期間ダイエットで最も重要な活動です。

食事の一部をプロテイン・MRP・スムージーに置き換える

※MRPについては後述。

摂取カロリーを減らす方法は色々ありますが、私は毎回この方法で成功しています。

つまり、単純に食事しない訳ではなく、カロリーや炭水化物が少ない食事に置き換えるのです。

MRP・スムージーの置き換えダイエットは、以下のメリットがあります。

  • わざわざ自分で低カロリーの料理を考える必要がない
  • 栄養分の計算が容易
  • 低コストでできる(普通に食事するよりも安い)

上記は、プロテイン・MRP・スムージーに限らず、ダイエットを継続させる上で超重要な要素です。

まず、低カロリーの料理を、毎回成分計算して調理するなど、素人には不可能です。面倒で、飽きて、継続出来ません
一方、プロテイン・MRP・スムージーの場合は、初めから成分がはっきりしていますし、水とシェイクするだけです。

また、プロテイン・MRP・スムージーの置き換えダイエットは低コストで実現可能です。
むしろ、通常の食事よりも安い。食費の節約にもなります。

MRPとは?

一般的にスムージーは低カロリー・低炭水化物で「空腹を防ぐ」ことを目的としています。

MRPは違います。

MRPとは「Meal Replacement Powder」の略で、その名の通り「一食の代替」として活用します。

MRPの中には一回の食事と同等の必要最低限の栄養素が入っています。
なので、スムージーよりもカロリーや炭水化物は多め。その分ビタミンやミネラルがたっぷり入っています。

私のダイエットは、MRPとスムージーを組み合わせる事で、無理のない手軽なダイエットを実現しています。
(スムージーだけだと栄養不足になってしまう)

プロテイン・MRP・スムージーの選定基準について

一言にMRP・スムージーと言っても、色んな製品が売られています。

私は以下の要素を重視しています。
(優先順位別)

  1. 美味しいこと。飽きがこないこと。
  2. カロリーが少ないこと。
  3. 炭水化物・糖質が少ないこと。
  4. コスト(安いこと)。

意外かもしれませんが、最も重要な要素は「美味しいこと」です。

ダイエットで最重要なのは「継続可能である」こと。
美味しくなければ、続けられない。

上記に加え、炭水化物・糖質が少ない製品を選定する事が大事。

スムージーやMRPでも、カロリーが多かったり炭水化物・糖質が多分に含まれているものがあります。これを採用するのは本末転倒。

上記の要素を満たしているプロテイン・MRP・スムージーを利用し、日々の摂取カロリーを減らす。
これを毎日実践するだけでも、無理なく痩せます。(過去の実績をもとにすると)

消費カロリーを増やす方法

思いつくのは、運動ですね。筋トレとかランニングとか。

腹筋トレーニングメインでいく

私は腹筋運動を中心に消費カロリーを増やします。

理由は以下

  1. 自宅で出来る。簡単。
  2. 一度に鍛える筋肉の面積が多い。
  3. ウエスト周りに直接効く。

これについては、もう少し細かく解説します。

自宅で出来る。簡単。

何度も繰り返しますが、ダイエットで最も重要なのは「継続する事」です。
逆に言うと、「継続出来る方法を選定すること」が大切です。

上記にも書きましたが、カロリーを消費する運動は色々ありますね。

  • ランニングなどの有酸素運動
  • 筋トレなどの無酸素運動

当然個人の好みはありますが、これらの内で「継続が容易なもの」はどれだけあるでしょうか。

ランニングやサイクリングは、外出する必要がある。冬は寒いし、夏は暑い。大人は夜まで忙しい。夜間は暗くてテンションが上がらない。結果的に、続かない。

スポーツクラブに行く筋トレの場合、毎回行くのは面倒。スポーツクラブへの移動時間もかかる。お金もかかる。結果的に、続かない。

よって、一番手軽なのは自宅での筋トレになります。
特に、腹筋トレーニングは自宅で色んなトレーニングメニューが考えられるので、継続しやすい。

一度に鍛える筋肉の面積が多い。

筋トレの効果は、その瞬間のカロリー消費だけではありません。

筋肉が増える事で、カロリーを消費しやすい身体になります。
(筋肉増加による代謝アップ)

腹筋は身体の中でも筋肉の面積が大きい部位です。
つまり、腹筋を鍛える事で効率的にカロリーを消費する事が可能

ウエスト周りに直接効く

ダイエットで最も困難な部位は「ウエスト周り」だと思っています。

特に、下っ腹の脂肪は減らない。

腹筋を中心に鍛える事で、ウエスト周りの脂肪を直接削ぎ落とす!

当然、他の部位も筋トレした方が良いけど・・

何度も言いますが、「継続可能な方法」である事が最も重要です。

当然、他の部位もトレーニングした方が効果は高い。だが、時間もかかると、労力も増える。
結局、続かない。

なので、まずは慣れるまで腹筋トレーニングだけに絞って消費カロリーを増やすのです。

気楽に行きましょう!

腹筋トレーニングの選定基準について

私は以下の要素を重視しています。
(優先順位別)

  1. 簡単なこと。
  2. 手軽であること。
  3. 消費カロリーが見込まれること。

簡単じゃないと、継続出来ません。

手軽じゃないと、継続出来ません。

消費カロリーが見込まれないと、意味がありません。

この章のまとめ

この章のまとめとしては以下の通り

  • 摂取カロリーを減らすため、食事の一部をプロテイン・MRP・スムージーに置き換える
  • 消費カロリーを増やすため、腹筋トレーニングを取り入れる

私は上記の方法を実践し、過去に1ヶ月で6Kgのダイエットに成功したので、今回も同様の手法を取り入れます。

次回は、以下を解説します。

  • 具体的なダイエットの週間スケジュール
  • 今回利用するプロテイン・MRP・スムージーについて
  • 今回行う腹筋トレーニングについて
勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">