ビーズクッションを徹底調査!Yogiboを選んで本当に良かった!

IMG_3104

無印良品・ニトリ・イオン・Yogiboと、実際に全ての商品を見に行って徹底比較した結果、Yogiboのmidiを購入しました。

数日使ってみた感想としては、、サイコーです!

今回はYogiboを選定した理由、実際に家で使ってみた感想・レビューを紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル大

ビーズクッションの購入を検討している方へ

絶対に、「その日の気分だけで買わない方が良い」です!

あと「無印良品のが有名だから・・・」とか、先入観だけで購入しない方が良いです。

「人をダメにするソファ」というフレーズで有名になった無印のビーズクッション。しかし、無印の「独占的人気」の時代は終わりました。実際に試してみた結論です。

購入を検討しているのであれば、ネットでしっかり下調べをして、可能な限り自分で店舗に足を運んで実物を見に行きましょう。

ビーズクッションは慎重に選定して購入するべきです。まずは、その理由を説明します。

ビーズクッションは慎重に選定するべき。その理由。

末永く生活の一部として利用する「家具」だから

これが最大の理由。

ビーズクッションは、ゲームや食べ物など、嗜好品の一部と考えてしまいがちですが、「立派な家具」です。

  • 仕事から帰ってきた後にテレビを見る
  • 休日に家族と遊ぶ
  • 落ち着いて読書をする

そんな時に必ず一緒にいることになる、いわば「家族のようなもの」になります。

数年間は一緒に付き合っていくアイテムなのです。なので、購入した後に気に入らなかったら、毎日が後悔・・・ってことにもなりかねません。

大きいので捨てづらい

ビーズクッションは「大きい」です。

簡単には捨てられません。地域によっては破棄するのにも費用がかかってしまいます。

私の地域だと、ビーズクッションの大きさになると、捨てるのにも1,000円以上かかってしまいます。

安い買い物ではない

基本的に、ビーズクッションの値段は「品質に比例します」。これは後述しますが、実際に体験した率直な感想。

高いものになると1万円を超えてしまう。なので、買った後に自分に合わない事に気づいたら、ショックも大きい。

私は「ニトリ」「無印良品」「イオン」「Yogibo」で悩みました

便利な時代になりました。ネットで調べたら、基本的な特徴がすぐに出てきます。

現時点で評価の高いビーズクッションは以下の4メーカーである事がわかりました。

  • ニトリ:安い。でも、ビーズが少ないからお尻が床についてしまう。
  • 無印良品:値段そこそこ。「人をダメにするソファ」でビーズクッションを有名にした。
  • イオン:安い。悪い評価と良い評価がバラバラ。
  • Yogibo:高い。けど品質はピカイチ。

・・・・悩む。

悩んだので、全部試してみました

幸いにも、私の生活圏内では、上記全てのビーズクッションを試す事ができます。

なので、全部試してみました。

ニトリ

IMG_3083

こんな感じで、大・小の二種類が展示されていました。

第一印象、ビーズ少なそう!!

実際に座ってみた感想は

・・・ビーズ少なっ!

座った瞬間に、お尻が床に当たるのが分りました。全然ダメです。ダメ人間になれそうにありません。

IMG_3087

ちなみに、私が訪問した店舗の小サイズの値段は上記の通り。

IMG_3086

大サイズは2,000円程度で手に入る値段でした。

値段は激安ですが、、正直ビーズが少なすぎます。いくら安くても、快適じゃなかったら意味がありません。

という訳で、ニトリのビーズクッションは早々に却下!

無印良品

お次ぎはビーズクッションブームを引き起こした「無印良品」です。

「人をダメにするソファ」という名言を作り出した張本人ですね!ビーズクッションの先駆者です。

IMG_3154

この茶色のクッション、有名ですね。私の友達の家にもあったりします。

IMG_3156

現在は茶色以外にも様々なカラーが選べるみたいです。

実際に座ってみたところ、柔らかくて気持ちいい。ニトリと違ってお尻が床に当たる事もない。多分、私が試した4社の中で一番ビーズが小さい。でも、後述しますが、ビーズが細かい程気持ちいい訳じゃない、って事にも気づきました。

正直、めっちゃ良いです。

一点残念なのは、サイズが一つしかない事。子供と一緒に座りたいので、今回は保留としました。

IMG_3155

これがお値段表です。やはり色んなカラーが選べるんですね。

イオン

次に訪問したのは、庶民の味方のショッピングセンター「イオン」です。

いつもお世話になっています。

IMG_3116

はい。写真を見たらお分かりですね。ニトリのビーズクッションとは全然違います。

全然違います。座ってみても、お尻が床に当たらない!当たり前のことですが、ニトリの後だと感動します。

凄く柔らかくて気持ちいい・・・ダメになりそう・・・

IMG_3118

ちなみに、上記のデカいやつもありました。こっちもビーズが細かくてサイコーです。

IMG_3117

お値段は、小さいやつが8,000円。

IMG_3119

デカいやつが10,000円でした。イオンにしたら強気ですね。

庶民の味方のはずなのに、ビーズックッションで1万円超えてきました。

Yogibo

最後に向かったのは、最近話題になってきているビーズクッションメーカーの「Yogibo」です。

AmazonでのYogiboの評価

冒頭にも書きましたが、最終的に私が選んだビーズクッションはYogiboでした

私が行ったYogibo店舗は「イオン幕張」の中のお店です。

IMG_3090

まず驚いたのが、人の多さ。週末ってのもあったのですが、めちゃめちゃお客さんがいました

人気なんですねー。

IMG_3100

店内ではこんな感じで色んな大きさ・バリエーションのビーズクッションが置いてあります。当然、自由に試す事ができます。

IMG_3101

こんなでっかいビーズクッションも!もはやクッションじゃなくてベッドですね。

こちらは「Yogibo Double」って言います。

IMG_3094

こんな感じの長細いビーズクッションもあります。上記のYogibo Doubleの上に置いたりして、簡単な腰掛けも可能。

IMG_3093

普通の小さなクッションもあり。

IMG_3096

ビーズクッションの素材でできているぬいぐるみもありました。見てるだけで楽しいですね!

IMG_3095

これは「Yogibo Mini」。一番小さいビーズクッションです。

さて、実際に10分程試してみて、、、「買うならYogiboしかないな」と感じました。

  • はっきり言って、他の製品とはレベルが違う気持ち良さ
  • ビーズックッションなのに、身体が不安定にならず、良い感じで固定してくれる
  • 様々な色から選べる
  • カバーは洗濯機で洗濯可能
  • ビーズがヘタったら交換出来る

確かに値段はそれなりにする。でも、上記が全て満たされているのはYogiboしかありません

特に洗濯可能なのは非常に魅力的に感じました。我が家の息子は6歳です。外から帰ってきてスグにビーズクッションに飛び込む事が想定される。簡単に洗濯出来るのはとても重要。

さらに、ビーズがヘタったら交換出来るのも素晴らしい。長期間使えるわけで、結果的にコスパが優れている。

Yogiboで買う事は決めた。後はサイズですが・・・

私は「Yogibo midi」ってヤツに決めました。

理由は以下の通り。

  • 座り方によっては椅子みたいに腰掛ける事ができる
  • 当然、身体全体をビーズクッションにうずめる事もできる
  • 息子と2人で同時に使う事も可能

さらに・・・

IMG_3099

バレンタインデーキャンペーンって事で、ハート形クッションもタダでもらえるとの事で、即決しました。

IMG_3102

ハート形クッションってのは、これです。ビーズクッションと同様の素材で、めっちゃ柔らかい。

IMG_3105

購入したYogibo Midiとハート形のビーズクッション。

思ったより大きいかも・・・と少し心配になりました。

家にもって帰りました

家にもって帰って改めて見たら・・・やはり大きい。

IMG_3106

これが、これまで使っていた座椅子です。

IMG_3107

これが、購入して大失敗だったワンダーコアスマートです。

IMG_3108

これがYogibo midiです。

やはりデカい!

IMG_3109

でも、買って良かったです。うちの息子が寝そべっても足が出ない。すっげー喜んでる(笑)

飛び跳ねたりして遊んでる!

IMG_3111

これがYogibo midiと一緒に手に入れたハート形ビーズクッション。

実際にYogibo midiに突入してみました。

IMG_3113

こんな感じで!身体全体がビーズクッションに包み込まれる。。

使ってみて感じたのが「ビーズは小さい方が気持ちいい、訳じゃない」ってことです。

無印良品のビーズはとても細かい。確かに気持ちいい。でも、細かすぎると、逆に身体がアンバランスになって負担がかかる。この辺は実際に試してみてもらった方が良いかと思います。

Yogibo midiは立てに置いた状態で腰掛ける事で、椅子のような使い方も可能。

IMG_3152

これが不思議な事に、背もたれ部分が不安定じゃない。後ろのふすまとYogibo midiの間には空間があります。しっかり背もたれ部分が固定されているのです。ビーズクッションなのに、不思議!

息子は上記の写真の状態で、背もたれ部分に登るのが楽しいらしい。さらに、そこから滑り台みたいに降りる(落ちる)のが楽しいらしい。

本当に色んな使い方ができる。初めは大きすぎたかと思ったけど、このサイズにして本当に良かった。

結論。Yogiboのビーズクッションが一番良い。

値段は高いです。

>>Yogiboのビーズクッション(アマゾン)

でも、それだけの価値があります。

これが、主要4メーカーのビーズクッションを全て試した私の結論です。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">