CCNAの方から見たCCIEってこんな感じですよね?

KIM150922517607_TP_V

本日は、私がCCNA時代(というか、CCNAを取得する前)に想像していたCCIEの印象と、CCIEを取得した後の感想について書いていきます。

CCNA/CCNPの勉強中で、ちょっと気分転換したいなって方がいたら是非読んでみてください。

スポンサーリンク
レクタングル大

CCNA時代は、CCIEが神だと思っていた

正確には、CCNAの勉強をしているときの、CCIEに対する印象となります。以下の記事の通り、私はCCNAの勉強を開始して1ヶ月でCCNAを取得したので。

CCNAの取得を考えている時、勉強している時、CCIE取得者は「神」だと思っていました。

というか、CCNAの勉強をしている時点では、私は一度もCCIE取得者を見た事がなかったのです。参考となる情報はネットだけでした。

ネットでは、CCIEとは「ネットワークの事なら何でも知っている。ネットワークの神の様な存在」と紹介しているサイトがほとんどです。

それを見ながら「CCIEってやっぱり凄いんだ。近いうちに絶対CCIEを目指したいけど、そこまで言われたら本当に自分がCCIEになることなんて出来るのだろうか・・・」と不安になっていました。

その時の私のCCIEに対する印象は

CCNA<<CCNP<<<<越えられない壁<<<<CCIE

でした。

どうでしょう?今CCNAの勉強をしている方、CCNAホルダーの方はほぼ同じ考えではないでしょうか?

実際はそれ程違いはないはずです

CCIEを取得した今、言える事は、CCNAとCCIEは上記程は差はないということ。

私の今の感覚としては、以下くらいです。

CCNA<<CCNP<<<<<CCIE

確かにCCNAとCCNPの差よりも、CCNPとCCIEの差の方が大きいのは事実です。でも、CCNPとCCIEの間で超えられない壁がある程ではないと思う。

CCIEを取得する為に、生まれながら何らかの才能が必要な訳ではありませんし、これまでの教育・知識で必須だったものもない。

CCIEでもネットワークの知識で知らないことも沢山ありますし。

でも一つ言える事。それは、勉強するメンタル

CCIEを取得してから、CCIE Nightなどの様々なイベントで、多数のCCIEホルダーの方にお会いする機会が出来ました。増えました。

その中で、明らかにCCNA/CCNPの方と違う側面を見つける事が出来ました。

それは、ネットワークの知識・勉強に対するメンタルです。

私が出会ったCCIEの方は、例外なくネットワークが大好きです。なので、ネットワークの勉強も大好きです。勉強に対するメンタルが半端ない。

私も同じです。ネットワークの勉強は自分の人生の一部になっています。もちろんプライベートで家族と過ごしたり、遊んだり、時にはネットワークの勉強と離れたい!って思う事もあります。

でも、少し時間を置いたら、また直ぐに新しいネットワークのテクノロジーを学びたくなるんです。気味悪いくらいに。だから今でもCCIEの復習をするのがとても楽しいです。

仮に、今このブログを見てくださっている方でCCNAの勉強中とかCCNPにチャレンジしようと思っている方で、上記のメンタルに共感する事が出来たら、十分CCIEまでチャレンジ出来ると思います。

その為には、小手先の勉強方法ではダメです。しっかり基礎を勉強して、ネットワーク知識の本質を理解しながら少しずつ上を目指して行く必要があります。少しずつってのは、時間のことではなく、体系的にってことです。期間・時間は毎日勉強する時間を増やせば、それだけ目標に達成する期間は短く出来るので。

楽しく勉強しましょう。

一番効率的なCCNA勉強方法。CCIE取得後に考えました。
CCIE取得後に、周りに強く勧めているCCNAの勉強方法です。 久しぶりにブログの記事のアクセスをチェックしていると、この記事...
勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">