CCIEの勉強時に、会社のサポートがない人へ。私も同じ境遇でした。

MS251_makerunagakusei-thumb-1000xauto-15182

あなたの会社は、CCIE取得に対してのサポートが手厚い会社ですか?

会社がCCIE取得に対して全くバックアップしてくれない事を理由にCCIEへのチャレンジを諦めていませんか?

そんな事で、CCIEを諦めてはいけません。

スポンサーリンク
レクタングル大

私は、CCIE取得に対しての会社のサポートが全然ありませんでした

細かくは書けませんが、今回のCCNAからCCIEチャレンジで、私は一切会社からサポートを得ていません。

一度CIERS1に参加させていただきましたが、それ以外は受験費含めて全て自腹です。

学習用書籍やWorkbookも全て自費で購入しました。

CIERS1に参加した時、私を含めて参加者は6人でした。その時驚いたのが、私以外の5人はお互いの事を既に知っていたことです。

どうやら、CIERS1より前のCCIE対策の基礎研修から会社の補助で参加しているようでして、当研修も会社の補助で参加しているとのこと。会社がCCIE取得を全面バックアップしてくれていて、仮にCCIEラボに落ちても個人負担はないと言っていました。

正直、うーー、羨ましかったです(笑)

業務中は一切勉強出来なかった

上記の理由で、私はCCIEの勉強を業務中に行う事はありませんでした。

ていうか、周りにCCIEの勉強をやっている事自体隠していました。本当に合格出来るのか、自分でも自信がなかったので。。

周りにCCIE取得者(はおろかCCNAも)がいなかった

社内で私の身の回りにはCCNAを持っている人さえも一人もいない環境でした。

お互いに学習の過程で支えあう仲間もいるはずもなく、11か月孤独な戦いでした。

でも、CCIEを取得できました

客観的に見ても、CCIEにチャレンジする環境という視点では、私は相当不利だったと思います。学習費用・受験費は全て自腹というプレッシャー。本当に自分の学習スタイルは実を結ぶのかも分からない不安感(特に受験費が痛かった)。周りに誰にもCCIEについて話すことができない孤独感。

でも、幸運にも、11か月で無事一発合格できました。

何故、合格できたか?

CCIEを取得した後、冷静に「自分はなぜ合格できたか?」と考えてみたことがあります。その結果、一つの結論にいたりました。

自分のおかれている環境がCCIEの勉強という視点では、不利だったから

高額な受験費用も自腹だから、事前学習に徹底的に時間を費やしました。自分なりに知恵を絞って早い段階で学習スタイルを確立しました。これは、以下を参考にしてください。

11ヶ月でCCIEラボに合格する為の効果的な勉強方法
2015/7/21追記:大幅に内容を修正・追記しました 今回は、いよいよ私の勉強方法について紹介したいと思います。 早めに勉強方...

周りに話せる人、アドバイスをもらえる人がいなかったからこそ、ネットの既にCCIEを取得済みの先駆者様ブログを読み漁り、分からないことはINEのフォーラムに質問を投げたり工夫をした。

結果、成功した人たちの情報だけを吸収することができ、効率的な学習方法を確立できた。

CIERS1の最終日、講師の方に「TOZAIさんは知識レベルでは十分CCIEラボにチャレンジしてもよいはず。早々にラボをスケジュールするべき」と言われたことが非常に嬉しかったことを、今でも鮮明に覚えています。

諦めなければ、絶対に取得出来ます

CCIEは非常に難しい資格です。それは否定しません。自分も歩んだ道ですから、言い切れます。

しかし、会社のサポートがないと取得出来ない資格でもありません。これも、自分が歩んだ道ですから言い切れます。

CCIEの勉強をしている時間、それは確実に一歩ずつ取得に向けて進んでいる時間です。

正しい勉強方法を行っていれば、確実に資格取得に近づいています。

突き詰めると、話はシンプルです。諦めなければ、絶対に取得出来ます。諦めたら、取得出来ません。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">