Camkixのスマホ用Bluetoothカメラリモコンのレビュー

81vm4gtoel-_sl1500_

Camkixというメーカーのスマホ用カメラリモコン(Bluetooth)を購入したのでレビューします。

スポンサーリンク
レクタングル大

購入の動機

スマホのカメラは非常に便利です。

私は子供が産まれた時にCanonの一眼レフを購入したのですが、全然使わなくなりました。

スマホならいつでも持っているから好きな時に写真を撮れる。これって地味に大きなメリットです。一眼レフとか通常のカメラなら、常に持ち歩いている人は少ないでしょう。つまり、自分が写真を撮る事が事前に分っていないと結果的に使えない。

で、スマホのカメラを使っていると、少し欲が出てきます。

リモコンを使って撮影したい。

自分でスマホを持って撮影すると、やはり限界が出てきます。

  • 手ぶれで写真がぶれてしまう
  • 団体撮影をする時に、撮影してくれる人を捜さないと行けない

タイマー設定等で多少は対応出来ますが、やはりリモコンで操作したくなります。

という訳で、ネットで色々調べていると、お手軽なスマホ用リモコンを発見しました。

上記を見てもらえばわかるのですが、何よりも値段が安い!

後は自分の以下の要件を満たしているように見受けられる。

  • IOSに対応(iPhoneなどで使えるはず)
  • 小さい(リモコンはコンパクトの方が絶対良い。写真に写ったらかっこ悪いから)
  • 安い!

Camkixというメーカーは初めて聞きました。でも、まぁこの値段だったら品質が悪くても諦めがつくかなと。という訳で、買ってみました。

外観の紹介

Amazonの簡易包装で届きました。開けてみるとこんな感じ。

img_1449

意外とオシャレなケースに入っています。と言っても、自分が欲しいのはリモコンだけなので、それ以外は使わないでしょう(笑)。この大きさだったらポケットとかにそのまま入れた方が便利だし。

img_1450

中を開けてみました。付属品は以下の通り。非常にシンプルです。この手の製品はシンプルが一番です。私はストラップも使わない予定です。

  • 本体
  • ストラップ

img_1451

裏面はこんな感じです。上のタブを開ける事で、中のボタン電池を交換する事が出来ます。

img_1452

ボタン電池は「CR2032」のタイプです。初めから入っていました(上記は交換した後の電池です)。

img_1453

側面に電源ON/OFFのスイッチがあります。ボタンは撮影用と電源用スイッチだけです。これでいいんです!

使用可能にするまでの操作

これも非常に簡単です。

まず、iPhone側のBluetoothをONにします。

次に、リモコンのスイッチをONにします。すると、本体の左上のLEDが青く点灯します。

img_1456

この状態でiPhoneのBluetooth画面に戻ると、以下のペアリング可能なデバイスが表示されるはずです。

img_1454-copy

あとは、この「AB Shutter 3」とやらをタップすればペアリング完了です。特にコード等の入力を施される事もありませんでした。

img_1455-copy

この状態になれば、ペアリング完了です。後はiOSデフォルトのカメラなり、他のカメラアプリでリモコンを使用する事が出来ます。

使い勝手は?正直、微妙。。。

では、最も重要な使用感の紹介です。

良かった点

リモコンは確かに便利

リモコンがあるかないかだと、全然違います。カメラ(iPhone)と離れていても撮影出来るのは非常に便利です。

私は自撮り棒も持っているのですが、自撮り棒だったら離れた箇所の限界があります。自撮り棒とリモコンを使い分けると、撮りたい写真は基本的に何でも撮れるでしょう。

想像以上に小さい!これは嬉しい!

自分の手のひらに入る大きさです。

img_1459

一方、ボタンは押し間違いがないくらいの適度な大きさです。

これなら、撮影した写真にもリモコンが写らないので、リモコンで撮影したってことは分らない。この値段でここまでコンパクトになっているのは非常に満足しました。

残念な点

離れていると撮影出来ない。。。

と言いながら、実はこのリモコンは少し離れると撮影できないです。。。

イメージ的には3m以上離れたら、iPhone側と通信出来ないイメージ。そうなるとシャッターが全然反応しなくなります。

最悪なのは、ギリギリ通信ができるタイミングです。

何故か、、、連射が永遠に稼働してしまいます。無駄な写真が何百枚と撮られる&クラウドへの設定がされていたら、何百枚の無駄な写真がクラウドにアップロードされる。。。。本当に最悪。。。

当然、2mくらいの距離だったら全く問題ありません。

また、リモコンとカメラの間に遮蔽物があったら、さらに対応可能な距離が縮まります。

付属の電池はすぐに切れた

付属の電池はお試しだと思っておいた方が良いです。

私の場合は5分くらいできれました。初めは「初期不良か???」と焦ったのですが、たまたまCR2032のボタン電池の予備が合ったので、電池を交換してみたら問題なく使えるようになりました。

なので、この商品を購入する場合は、電池も合わせて購入した方が良いでしょう。

結論、手軽なiPhone用のデバイスが欲しい人にはオススメ!

上述の通り、いくつか不満な点はありますが、何と言っても値段が安いので、デメリットを補うメリットがあると思います。

リモコンは動けば良いものです。そんな毎日使うワケじゃないから電池もそれ程気にする必要はないし。最悪初期不良でも諦めがつく値段です。

とりあえず、持っていて損はないデバイスです。

勉強を再会する方へ
スポンサーリンク
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">