AmazonプライムビデオとHuluを徹底比較!まだHuluの解約はできないな

IMG_0725 copy

先月(2015年9月)にいきなり開始されたAmazonプライムビデオを色々試してみました。

私はHuluにも加入しているのですが、結論から言うとHuluを解約出来る程のラインアップはありませんでした。

ただし、それは私の使い方の結果であって、人によってはAmazonプライムビデオで十分だと思います。

今回は私が実際にAmazonプライムビデオとHuluを利用してみた結果のメリット・デメリット比較を紹介します。

動画配信サービスに興味がある方にも参考になるのではと。

AmazonプライムビデオとHuluとは?

そもそもAmazonプライムビデオとHuluとは何か?について説明します。(てか、このブログに辿り着いた方は殆ど知っていると思うのですが、念のため)

AmazonプライムビデオもHuluも両方とも、インターネットの動画配信サービスです。

Hulu

Huluは恐らく日本で一番有名な動画配信サービスです。月額933円でHulu内の動画(映画・ドラマ等)が見放題のサービスです。特に海外のドラマが多く公開されています。

Huluは月額費用以外はお金がかかりません。どれだけ見ても、値段は同じです。

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオは2015年9月に開始された、Amazonプライム会員用のサービスです。

元々、Amazonは1コンテンツ(番組)毎に料金を払う事で動画の視聴が可能なサービスを持っていました(Amazonビデオ)。

今回のAmazonプライムビデオは、Amazonビデオのうち一部をAmazonプライムメンバーに無料で開放したと考えて頂ければ分かりやすいかもしれません。

Amazonプライム会員の料金は、年間3,900円(月額325円)です。Amazonプライムビデオ以外に、

  • Amazonで購入した商品の当日配送(お急ぎ便)
  • お届け日指定便
  • 会員先行タイムセール

など、Amazonを定期的に利用する方には非常に便利なサービスが含まれています。

なぜ、私がAmazonプライム一本でいけないか?

私は数年前からHuluに加入しています。また、Amazonプライムも同時に加入していました。

上記の通り、料金的にはAmazonプライムの方が圧倒的に有利です。しかも、ビデオ以外に様々なサービスを受ける事ができます。

今回Amazonプライムビデオのサービスが開始されたので、「もしかしたらHuluの解約ができるかも!?」と期待していたのですが・・・

ですが、残念ながら私の動画配信サービスの使い方では、Huluを解約するまではAmazonプライムビデオに期待出来そうにありません。

ここからは、何故AmazonプライムビデオがHuluを解約するに至らないかを説明します。

Amazonプライムビデオは海外映画・ドラマが少ない

現時点ではAmazonプライムの無料動画の数・有名映画コンテンツはHuluと比べて圧倒的に少ないと言わざるをえません。

特に、海外の映画やドラマは、AmazonプライムビデオはHuluと比べて1/10程度しか公開されていません。

Huluは、例えば以下の海外ドラマを見る事が出来ます。

ウォーキングデッド・ブレイキングバッド・ゴシップガール・24・プリズンブレイク・アンダーザドーム・リベンジ・デスパレートな妻たち・東野岡村の旅猿・SUITS (スーツ)
glee (グリー)・クリミナルマインド・キッズウォー・ボーンズ・ハウスオブカード・フレンズ・スーパーナチュラル・LOST・ホワイトカラー・仁義なき戦い・シャーロック・アイアンマン

私はCCIE等の英語の勉強の為に、海外ドラマを過去のコンテンツを含め多数見るのですが、Amazonプライムビデオだと非常に物足りないです。(ちなみに、独自の言い回し等が多い海外ドラマを英語で見る事が出来れば、CCIEの英語なんて楽勝です)

Apple TVに対応していない

私は家で海外ドラマを見て英語の勉強をする事があります。その際は画面が小さなスマホやタブレットの利用は極力控えて、家のテレビで見たい派です。

その時に便利なのがApple TVです。Apple TVのメニューにはHuluへのアクセスがデフォルトで表示されており、Apple TVを操作するだけで、Huluのコンテンツを簡単に選択して再生する事ができます。

現時点では残念ながら、AmazonプライムビデオはApple TVのメニューには存在していません。

勿論、iPhoneやiPod Touch等のAir Play経由で連携する事は可能ですが、やはりビルドインされているHuluに比べると利便性が全然違います。

Amazonプライムビデオを利用している間、Air Playしているデバイスは使えなくなる訳ですし。

IMG_0724

上の画面ショットは、Apple TVのトップ画面です。Huluはこのメニューから簡単に選ぶ事が出来ます。Amazonビデオは現時点ではこのメニューに対応していません。

こんな方は、Amazonプライムで十分だと思います

逆に、以下に当てはまる方は、別にHuluに加入しなくともAmazonプライムビデオで十分だと思います。

Amazonプライムのラインアップで満足出来る方

邦画が好きな方、海外ドラマが見たい方、これは人それぞれです。

Amazonプライムのビデオで自分が満足するかも人それぞれなので、一度以下のリンクで確認してみてください。

Amazomプライムビデオコンテンツ一覧

上記で、登録前にコンテンツ一覧の表示や、コンテンツの検索が可能です。

自分の興味のあるコンテンツが存在していたら加入するのもいいかと。(同時に上記で説明したサービスも含まれる訳ですし)

子供との暇つぶしに

これは別の記事で詳しく書く予定ですが、私の家では子供と以下のコンテンツをHuluで見てました。ちなみに家の子供は3歳の男の子です。

  • 仮面ライダー等の戦隊モノ
  • しまじろうとかの幼児対象のアニメ

この辺は、むしろAmazonプライムビデオの方がコンテンツが豊富かもしれません。

特に仮面ライダーの映画はHuluにないものも複数ありました。(これも上記と同じく「Amazomプライムビデオコンテンツ一覧」を参照してください)

結論、人それぞれだが、私はAmazonプライムビデオの一本化は厳しい

結局本当にその人の動画コンテンツを見るライフスタイル、見たいコンテンツによると思います。

たまたまAmazonプライムビデオに自分が見たいコンテンツがあれば、Amazonプライムビデオの方が安いので絶対にお得です。

一方で、Apple TVを利用したりして、家の大画面でじっくり見たい方、主に海外のドラマを見る方はHuluを利用するのがいいかと。

Amazonプライムビデオの加入を検討している方は「Amazomプライムビデオコンテンツ一覧」から加入出来るはずです。

Huluを検討している方は、以下のリンクからだと2週間無料期間(会員登録も無料)があるので、その間に両方比較してみることが可能です。で、自分に合わないと感じたら2週間以内に解約すれば良いかと。

勉強を再会する方へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">